FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 「ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない」

「ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない」

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない (2009年 日)監督 佐藤祐市
                     キャスト 小池徹平 田辺誠一 品川祐 マイコ 森本レオ

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]マー男(小池徹平)は小さなIT企業に就職をした。
そこで働くメンバーはいつも怒ってばかりいる責任感も実力もないリーダー
リーダーにごまをすっていばかりの井出(品川祐)
実力はあるが、気が弱く何もいえずいじめられている上原
社長(森本レオ)の愛人で経理を担当している意地悪な瀬古
そして、1番仕事が出来る藤田(田辺誠一)
早稲田大学出身のマー男
実は「早稲田」に住んでいて、高校の時いじめにあい中退をし、そしてニート生活を送っていた
いつも心配していた母親が亡くなり、仕事をはじめる事にした


情報処理の資格を取得したが中卒なので、不採用ばかり
ようやく採用された会社だったが
初出勤から仕事を押し付けられ、毎日残業をさせられていた
リーダーが辛くマー男に当たるといつも藤田が助け舟を出してくれ
マー男は藤田を「孔明」「神」と思い尊敬していた
藤田に支えられながら頑張っていたマー男だったが、ある日内緒にしていた「中卒」が皆に知られ…


         なんて長いタイトル

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから生まれた、実話の映画
亡くなった母親の為、そしてここでしか働くところの無いマー男の頑張りにとても好感が持てる
いつも「バァーカ・バァーカ」と怒鳴っているリーダーには観ているこちらも腹だだしく
       「マー男、頑張れ!!」

「孔明」「神」の藤田の優しさに、私は疑っていた
「こんなに後輩思いで、いつも優しくしてくれるなんて
実は裏で「悪口」言ってる性格の良くない人では」
なんて、疑っていた私が性格が良くないのかも
藤田は最後までマー男の事を心配していた「孔明」「神」だった
藤田には辛い過去があった 辛い思いをした人は人に優しくなれるのでしょうね

いじめ・中退・ニート・ブラック会社それを中心にした映画なので
暗いストーリーかなっと思っていたが、とても爽やかな後味

コンプレックスを持っているマー男の成長する姿
そして、どうしょうもない社員達も成長する姿に「ホッ」とした
エンディング・クレジットは最後まで観て下さい
「やっぱり」と納得します


     


参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL