FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 映画☆「プライド&グローリー」+「ヘタリア」

映画☆「プライド&グローリー」+「ヘタリア」

プライド&グローリー(2008年米)劇場未公開 監督 ギャヴィン・オコナー
             キャスト  エドワード・ノートン レイ コリン・ファレル  ジョン・ヴォイト

あらすじ
ニューヨーク市警警官の4人が麻薬取引に踏み込んで2人の警官が死亡・2人が重体となった事件をレイ(エドワード・ノートン)が指揮を命じられ、捜査を進める内に妹の婿のジミー(コリン・ファレル)が捜査線上に浮上した。
父は高官、兄は署長・そしてジミーは警官とレイの家族は警察一家だった。
真相はこの一家に関わる事だった…


エドワード・ノートン×コリン・ファレル  誰が善人で誰が悪人??

顔に傷があり暗~いエドワード・ノートンが悪人
妻を大切にして、愛想が良い婿のコリン・ファレルが善人と予想して観たら
        見た目で判断してはいけません
        逆さま 予想は大はずれ!!

なんと言っても迫力があるジミーの脅迫シーンは恐ろしい
赤ちゃんの顔にアイロンをかけえようとするシーンは思わず「やめて~」
私は特に「S.W.A.T.」のコリン・ファレルが好きだったのでちょっとショック!!

レイ演じるエドワード・ノートンはいつもの役柄からして
何か恐ろしい事考えているのかっと思ったら
嘘や悪事に対して決して許さないとても真面目な警官

意外な役柄はとても楽しめた
またレイの父でジミーの義父のジョン・ヴォイトの警察の幹部であり、2人の父親である微妙な役を出番が少ないながらも印象的だった
(ジョン・ヴォイトはアンジェリーナ・ジョリーの父親)

ジミーを含め仲間達は警官という仕事に「ほこり」を持ち、家族を「愛」していた
「悪い事」と知りつつ、裏の世界にとっぷり漬かり抜け出せなかった

この映画は警察・不正・家族・裏切りを男の視点から描いている
性の影はとても薄いので「男の世界」が好きな人にはとても楽しめる

エドワード・ノートン コリン・ファレル ジョン・ヴォイト
この演技派3人は三者三様、存在感のある演技を見せてくれた
          
              プライド&グローリー [DVD]


      

   最近擬人化アニメ「ヘタリア」が流行っています

        ヘタリア
         我が家にもありました~!!
         もちろん、私のではないです
         流行に敏感な娘のものですが
         今日早速読んでみます☆ 

   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
   にほんブログ村
   人気ブログランキングへ

   


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL