FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 映画☆「パブリック・エネミーズ」

映画☆「パブリック・エネミーズ」

パブリック・エネミーズ (2009年 日) 監督 マイケル・マン
        キャスト ジョニー・デップ クリスチャン・ベール マリオン・コティヤール 

あらすじ
大恐慌時代のアメリカ1933年、銀行強盗のデリンジャー(ジョニー・ディップ)は、鮮やかな手口で銀行強盗をする事でヒーロー的な存在だった。
そして不可能である監獄からの脱出もしてしまう、切れ者。
ある日、シカゴのバーで、デリンジャーは一人の美しい女性ビリー(マリオン・コティヤール)に一目ぼれしたデリンジャーは食事に誘い、銀行強盗であることを打ち明けたが、銀行強盗と知りビリーに逃げられてしまった。
が、デリンジャーはビリーを見つけ出し自分の恋人にした。

デリンジャーに手を焼いていたFBIは敏腕捜査官パーヴィス(クリスチャン・ベール)をシカゴに迎え、デリンジャーを「パブリックエネミー」として追っていた。
ビリーの目の前でデリンジャーは逮捕されたが、彼は脱獄し再び銀郷強盗を始める。
デリンジャーの恋人としてビリーはFBIに監視されるが、デリンジャーはビリーを「必ず迎えに行く」と約束するし、約束どおりデリンジャーは迎えに来た。
束の間の幸せだったが…


「パブリック・エネミーズ」=社会の敵

実話をもとにした映画
銀行強盗は1年という短い間で、不況に苦しむ国民のヒーローだった

    パブリック・エネミーズ

監督マイケル・マンは。「ヒート」「インサイダー」など「男の世界・闘い」が得意
私はデニーロとアル・パチーノ2大スター共演の「ヒート」が大好き
デニーロの男の哀愁がたまりません

銃撃戦は見ごたえ十分で、音楽・ファッションが当時を匂わせ、これがこの映画の見所

カメレオン俳優のジョニー・デップが久々の銃を持って戦う「男の世界」に生きる「男」を演じた

    パブリック・エネミーズ


残念だったのはFBIのクリスチャン・ベールとの絡みはワン・シーンだけだった

そして仲間全員が殺され、愛するビリーが捕らわれてしまい
自ら、FBIの前に現れ、殺された

銀行強盗をして、警官やFBIを手当たり次第殺してしまう、そんな男の弱みは
       「愛する女性」だった
    パブリック・エネミーズ



   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
   人気ブログランキングへ
   
スポンサーサイト



Comment

編集
もうずいぶん前から映画見てません…
昔から映画が好きでよく見てたのに、韓国にはまってからはそっちに夢中になりすぎちゃって…

でも韓国映画はハズレが多くて何度も失敗したから結局いつもドラマばっかり見てます。

月に1回!!
月に1回くらいは映画のために時間を作って見ようかな、レディースデイもありますもんね。
毎日せかせかしてないで心のゆとりを持たなきゃな~と思う今日この頃です。


2010年08月26日(Thu) 01:50
ぼらんさん
編集
韓国ドラマにハマルと大変ですね!!
私も昨年まで、とっぷり漬かっていました。

確かに韓国映画は当たり外れがあり、観終わり「ガックリ」なんて事、度々です。

私も友達とレディース・デイで行っていますが、毎月は難しいです。

時間に追われると、自分の時間が持てず「ゆとり」がなくなっちゃいます。
「心のゆとり」は忘れずにいたいものですね☆
2010年08月26日(Thu) 23:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL