FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPな行 ≫ 映画☆「人間失格」

映画☆「人間失格」

人間失格 (2009年 日)監督 荒戸源次郎
      キャスト 生田斗真 伊勢谷友介 寺島しのぶ 石原さとみ 小池栄子 坂井真紀 
            森田剛 室井滋 大楠道代 三田佳子

あらすじ
資産家の息子大庭葉蔵(生田斗真)は他人と上手く馴染めずにいた
彼はいつも「生まれてすみません」と思い、悩んでいた
画家志望で画塾で堀木(伊勢谷友介)と出会い彼の影響で酒に女にと遊び暮れていた
そんな破滅的な人生を歩む自分を、自ら「人間失格」と思い、嫌気がさしていた


                 幼い頃から女性にモテていた葉蔵
   人間失格  人間失格

東京の下宿の管理人礼子(坂井真紀)から必要以上に好意を持たれ嫌気をさし、下宿から逃げた
    人間失格   人間失格

  堀木と遊ぶ毎日 ある日カフェで常子(寺島しのぶ)に一目ぼれをする
  そして鎌倉の海で心中を図るが、葉蔵だけが生き残ってしまった
    人間失格   人間失格

  堀木が書いている漫画の編集者の静子(小池栄子)と出会い、彼女の家に転がり込み
  漫画の仕事を世話して貰っていた
  静子には子供が1人いて、子供から「おとうちゃん」と呼ばれていた
  が、そんな親子の生活から逃げだした
    人間失格  人間失格

  いつも通っているバーのママ律子(大楠道代)の世話になるが
  近所のタバコ屋の娘良子の純真な心に打たれ結婚をする
  順調な生活だったが、ある日良子が以前から顔見知りの男に犯され
  それを知った葉蔵は自殺をするが失敗
    人間失格  人間失格

  良子と別れ、酒びたりの毎日から道で吐血をし
  薬局で薬を貰う 薬局の女主人寿(室井滋)は「モルヒネ」を渡す
  「モルヒネ」欲しさに寿と関係を持つ
    人間失格  人間失格

  モルヒネ中毒を治し、療養として津軽へ行く
  その家の老女中の鉄(三田佳子)とも関係をもってしまう葉蔵
    人間失格   人間失格

「色男、金と力は無かりけり」と言う言葉がピッタリの葉蔵
どの女性にも守られ、助けられる葉蔵
彼は一体何を求めているのか、解らない
居場所を求めているはずが、自ら逃げてしまう葉蔵

きっと良子だったのかも
結婚して家を持ち、漫画を書き、良子との穏やかな生活
良子の事件がなかったらきっと葉蔵の居場所だったのでは?

まさか鉄とも関係を持ってしまうのは、驚き
鉄は60代の女性 男女の性は解らない

中原中也にV6の森田剛
堀木はとても嫌な男 そんな最低男を伊勢谷友介が好演

昭和初期のセットは文句なしに素晴らしかった

この映画は台詞は少ない
だから俳優の表情、雰囲気で察しなければ訳解らない映画

原作の太宰治の「人間失格」と比べると、文章と映像にギャップがあるが
映画「人間失格」として観ると一味違う

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment

編集
太宰作品は、一冊も読んでいない私は
日本人失格でしょうか?
トホホ

この方、女の守備範囲広いな~

斗真君、ジャニーズジュニアのころから知ってるのに、
こんな大人の役やるようになって、
おばちゃん感涙です!!

森田君が中原?
イメージ違うわ~。

突っ込みどころが、ミーハーですみません

  PS 昨日のコメ返で、オリキューさんが
    ものすごく具体的に、自分の葬儀の    
    イメージ書いてるの、
    笑わせていただきました。
2010年08月20日(Fri) 14:07
dmreikoさん
編集
dmreikoさんもイケメン好きですね!!絶対!!

斗真君は私一押しです♪
ジャニーズにしては「俳優」一本で頑張っていますよね。

昨日のコメ返はシビアだった?
2010年08月20日(Fri) 21:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL