FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 映画☆「パンドラの匣」(2009年)

映画☆「パンドラの匣」(2009年)

パンドラの匣 (2009年 日本) 監督 冨永昌敬
         キャスト 染谷将太 川上未映子 仲里依紗 窪塚洋介 ミッキー・カーチス

太宰治生誕100年となった2009年に作られた映画
この作品は暗いと言われている太宰治の作品では珍しく明るい

          
               
結核の療養所「健康道場」という狭い世界での、少年ひばり(染谷将太)が見た・感じた事を中心に
前半は手紙で、後半はひばりの言葉で表現している
原作でも(大分昔に読んだので、あまりはっきり覚えていません)手紙形式で進んでいったストーリーだった

ひばりが年上の女性に好意を持ちながらも、その気持ちを否定している姿がとても好感

療養所での挨拶ー看護婦 「やっとるか」 患者「やっとるぞ」 看護婦「がんばれよ」 患者「よーしきた」のやり取りに違和感を感じていたが、患者の返事が無い時は体調が悪いという、意味の深い挨拶だった

診療所では皆あだ名で呼びあう
そして亡くなった時初めて本名で呼ばれる
ひばりは「いつまでもあだ名で呼ばれていたい」と呟いた
とても悲しい願いだ 早く治して!!

エンディングに出演者がスローモションで走る
そしてひばりのナレーション 
この道は、どこへつづいているのか。それは、伸びて行く植物の蔓に聞いたほうがよい。蔓は答えるだろう

      「私はなんにも知りません。しかし伸びて行く方向に陽が当るようです」

              とても心に残る言葉だ

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL