FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPか行 ≫ 映画☆「風が強く吹いている」

映画☆「風が強く吹いている」

風が強く吹いている (2009年 日) 監督 大森寿美男
                   キャスト 小出恵介 林遣都 斉藤慶太 斉藤祥太 
あらすじ
寛政大学生のハイジ(小出恵介)は、大学で寝泊りをしている貧乏な新入生カケル(林遣都)を竹青荘に連れてきた。
この竹青荘は賄い付き、家賃3万円の寛政大学陸上部の寮だった。
陸上部入部を条件にカケルは渋々寮に住む事にした。
この寮にはハイジの他に陸上とは全く縁の無い8人の寛政大学の生徒が住んでいた。
そしてハイジはこの10人で「箱根駅伝」に出場する事を告げる。
動揺する9人であったがハイジの指導によりメンバー10人が一つになり「箱根駅伝」を目標に練習に励み…


お正月、最も注目を集める大学生による「箱根駅伝」
シード獲得、そしてたすきを繋ぎゴールする
なにより「走る」彼らに元気と感動を貰っている

大学4年生のハイジにとって最後のチャンスだった
高校時代、実力者だったハイジは怪我をし、ランナーとしての復帰は難しかった

新入生のカケルは高校の陸上部で長距離ランナーとして力を認められていたが事件を起こし陸上を引退していたが諦め切れず、一人毎朝練習をしていた

そんな2人が出会い、再び「走る」ことへの情熱が蘇った

各校の応援団とか沿道の応援する人々  エキストラの人数やカメラの台数が半端ではない
予選・箱根駅伝の舞台が本番そのものだった
特に「箱根駅伝」のシーンはこちらが錯覚してしまう程の臨場感

長距離ランナーの経験のない10人がとても俳優には見えなかった
寛政大学陸上部の「選手」そのもの

ハイジにより人間として成長していくカケル
「走る」ことが10人の人生を変えた

確かに素人が「箱根駅伝」目指し、そして出場とは現実にはとても難しいけれど
映画の中の10人の真剣な「走り」を観て、「夢」を見せてもらった

ソフトバンクのCMでお馴染みのダンテ・カーヴァーが「留学生」として出演
「黒人は足が速いとは偏見だ」と言った台詞に笑ってしまった
黒人の人は皆「足が速い」「歌が上手い」という印象、あります!!

ラストは想像通りだったが、本番の駅伝ゴールの感動があった
               そして元気と感動を貰った
            
       

  参加しています
  ポチッとお願いします
  にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
  人気ブログランキングへ
  
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年07月28日(Wed) 20:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL