FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 映画☆「引き出しの中のラブレター」

映画☆「引き出しの中のラブレター」

「引き出しの中のラブレター」(2009年 日) 監督 三城真一
              キャスト 常盤貴子 中島知子 仲代達矢 八千草薫

あらすじ
FMラジオの人気パーソナリティ、真生(常盤貴子)は仕事の事で、父とけんかをし仲直りする事無く父は亡くなり49日を迎えた。
ある日北海道に住むリスナーの少年から「笑わない祖父を笑わせるには?」と書かれたハガキをもらい、おじいさんを笑わせる方法を番組で募集した。
真生は祖父と自分の父親を重ねてしまい、自分の後悔から「引き出しの中のラブレター」という企画を立てた。
それは恋人・親子・友達などに心にしまっていた言葉を手紙で書き
ラジオを通じて相手に伝える番組だった…


ラジオと言えば深夜の「オールナイトニッポン」そしてパーソナリティのおしゃべりで夜中なのに大笑いした記憶がある。

DJとパーソナリティどう違うのでしょう?
DJ=ラジオ番組などで、音楽を掛けながらその間をトークで繋ぐ司会者
自分自身で選曲しレコード盤に針を落とし、トークは簡単な曲紹介のみ

パーソナリティ=ラジオ番組では音楽よりトークを重視する番組の司会者
                                       (Wikipediaより)

確かにこの映画では真生はリスナーからの手紙・FAX・メールを中心におしゃべりをしている
そして1通々丁寧に答えていた。
これがパーソナリティの仕事

高校生の直樹が出した「笑わない祖父」の手紙を読まれ、大喜びしていた
             「わかる・わかる!!」
昔、曲をリクエストして名前を読まれた時、本当に嬉しかった(懐かし~い)

この映画は3つのストーリーが同時進行する
   ・父恭三(仲代達矢)との心のすれ違いに悩む息子健一(豊原功補) 
   ・シングルマザーになろうとしている由梨(中島朋子)とそれを受け入れる母(八千草薫)
   ・東京に出稼ぎに来てタクシーの運転手をしている太郎(岩尾望)
最後は良くあるパターン  皆がそれぞれ関係している

手紙…自分の心を伝える手段にはあまり使われなくなったけれど
    心を込めて書いた文は必ず相手に伝わる

       手紙にはそんな不思議な力がある

                 心の引き出しから取り出した気持ち
                    手紙にしてみませんか

      

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト



Comment

編集
[抽屉里的情书].Listen.to.My.Heart. by youku.com
http://v.youku.com/v_show/id_XMTg3NTE2Mzgw.html
日本で見られるのかな?あとでゆっくり見ます。

私も、手書きの手紙やクリスマスカードは、大切に保管してます。
確かに手書きのメッセージは心がこもってます。
2010年07月20日(Tue) 00:51
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年07月20日(Tue) 07:50
Re: タイトルなし
編集
CoCOさん
「手書き」を頂くと捨てられませんよね。
私も箱に入れて保管しています。
古いものを読み返すとその時の自分を思い出し楽しいです☆
2010年07月20日(Tue) 09:11
編集
仲代達矢の演技には泣けました
2010年07月20日(Tue) 11:06
編集
オリキューさん、ラジオにリクエストしてたんだ~。
私の頃は、谷村さんが大人気でした。
葉書書いたことはないんですけどね。
高校受験のころを、思い出しました。
豪華なキャストだけど、この映画は知らなかったな~。
2010年07月20日(Tue) 15:15
編集
劉備義徳 さん
本当に!!仲代達矢さんはいつも心に残る演技をしますね。

劉備義徳さんもこの映画も観ていたとは!嬉しいですね~
自分の生活に近いストーリーは心癒されます☆
2010年07月20日(Tue) 17:44
Re: タイトルなし
編集
dmreiko さん
お久し振り~♪
私は電話リクエストで名前だけ!!

きっとdmreikoもさん八千草さんの台詞にポロリですよ。
「母親は最後は娘の味方」!!
2010年07月20日(Tue) 17:54
編集
共感して頂けるところがあったなら、とても嬉しいです。

ツイッターで、ラジオ風にお便り(ブログなど)を紹介しています。

こちらでご紹介させて頂きました。
http://twitter.com/hikilove/status/18982168216
2010年07月20日(Tue) 19:01
Re: タイトルなし
編集
hikiloveさん
記事を見つけて頂き有難うございます。
皆さんからのお便りを読んで
この映画は「観た人の心を暖かくさせる」作品だと確信しました。
2010年07月20日(Tue) 19:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL