FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPあ行 ≫ 映画☆「おと・な・り」

映画☆「おと・な・り」

おと・な・り (2009年日本) 監督 熊澤尚人
                 キャスト 岡田准一 麻生久美子 池内博之
あらすじ
アパートの隣同士の写真家の聡(岡田准一)と、フラワーデザイナーを目指し花屋でバイトをしている七緒(麻生久美)は一度も顔も見た事がない。がお互いの生活を聞く事を楽しみにしていた。
聡も七緒も共に30歳。人生の転換期にきていた。
聡はカナダへ写真を撮りに、七緒はフラワーデザイナーの勉強の為パリへと共に準備を始めていた。
そんな中、幼馴染でモデルのシンゴが失踪した。
シンゴの写真集を撮った事で、写真家として有名になった聡は周りからカナダ行きを止められた。
悩んだ末、聡はカナダ行きを決断した。
そして同窓会の為、田舎に帰ると…

観終わった感想
「有り得ない!!隣の声と生活に恋するなんて」
「たまたま隣がカッコいい岡田君と可愛い麻生さんだったから良かったけれど…」
               現実には難しい!!

         だから映画は楽しい!! 

聡の家にシンゴの恋人が押しかけて来て、聡を振り回す
「シンゴの失踪は聡にも責任がある」と言って
何日も聡と同居する、図々しい恋人
(余りの図々しさに観ているこちらが苛立ってしまった)

七緒に一目ぼれをしたというコンビニ店員が、実は恋愛小説の題材として
七緒に近づき小説を書いていた
(初めから余りにロマンティックに迫ってくるのでおかしいと思った!!)

悩み、苦しんでいる中、、「風をあつめて」のメロディを口ずさむ、フランス語の勉強する七緒の声、コーヒー豆を挽く聡の、互いの帰宅しドアを閉める、…そんな日常のにお互い癒されていた

聡と七緒がいつもすれ違うのでちょっとじれったくなってしまうが
ラスト、聡が七緒の部屋に入りお互いを確認した瞬間
         とても嬉しくなった
今までの消化不良が一気に解消

冒頭とエンディングはと声だけが流れていた。画面は真っ暗
冒頭はそれぞれの生活音 エンディングは2人の生活音
タイトルの「おと・な・り」の「おと」は「音」が含まれているようだ
観えないこちらが2人を想像する作りはおしゃれ

でも、現実には隣の音が聞こえると、凄い迷惑
プライベートが筒抜けなのはちょっと問題ですね

     おと・な・り [DVD]
参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



Comment

こんばんは
編集
この映画のタイトル、「音鳴り」とも読めます。
面白そうな作品ですね。

私はネット・レンタルで8枚の契約と近所のレンタルで10~15ぐらい借りているのであまり内容を覚えていない状況です。
オレンジリキュールさんは感想が書けるほと覚えていらっしゃいます。
すごいです。

韓国のリの工場は韓国にあって、韓国で発売しています。
親戚が韓国に行ってアドバイスしていました。
味のチェックのために日本にいっぱい送ってきていました。
親戚から箱ごと頂いていました。
今は味が安定したのか送ってはきません(笑)
2010年06月29日(Tue) 22:41
こんばんは
編集
ティンクさん
今サッカー観ていま~す。
「頑張れ・日本」

ティンクさんは映画沢山観ているのですね♪
リアルタイムでレビュー(私のはレビューと言えるかな~)を書かないと忘れてしまいますよね。
映画って観ていて楽しいですよね。
各国の風景・生活などが観られて。
感情が日本人と違う所も興味があります。

「音鳴り」=それは全く気付きませんでした。面白いです!!

安定した韓国のりが食べたいですよね。
韓国で発売という事は、今回のお土産ののりももしかしたら…

私はご飯に巻いて食べるのが好きです☆



2010年06月30日(Wed) 00:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL