FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPあ行 ≫ ホラー映画第2弾 「エスター」

ホラー映画第2弾 「エスター」

ホラー映画第2弾「エスター」製作にレオナルド、ディカプリオが参加している
「エスター」(2009年米・仏・カナダ・独)監督 ジャウム・コレット=セラ
                      キャスト ヴェラ・ファーミガ イザベル・ファーマン
あらすじ
三女を流産で亡くしたジョンとケイト夫婦はその苦しみを乗り越える為、孤児院を訪問し、エスター(イザベル・ファーミガ)という9歳のロシア人孤児を養女に迎えた。可愛らしく・素直なエスターはやがて隠された凶暴な性格が現われ周囲の人達を落としいれ、必要とあらば残酷に殺人を犯していた。
養母のケイトはエスターを疑い出し…
養父には天使の顔で接していたエスターの目的は…


ストーリーが進むにつれドンドン怖さが増す
始めは可愛い笑顔から時々覗かせる「大人びた」顔
そこまでは、楽しいfamilyドラマの様だった

生まれつき難聴な妹を引き込み、自分に都合の悪い人達に犯行を重ねていた
エスターの事でケンカとなり夫婦間も亀裂が入ってしまった
エスターは義父をすっかり丸め込んでいた
義父もエスターを溺愛していた(まったく!!父親は娘に弱い!!)

9歳のエスターは、この義父を愛していた!!
この「愛」は親子愛ではなく、なんと「男」として愛していた
とんでもない「ませた子供」っと義父同様私も驚き


予備知識なく観たのでこれは「悪魔の子供」の話かと思っていたが
悪魔も幽霊もオカルト現象もありませんでした
どうして「怖い」のか??
「エスター」が想像もつかない、驚きな子だったから
でも、観終わり、考えると彼女は自分ではどうしようもならない
辛い運命を背負っている可哀相な子供だった。とつくづく思う

                首のリボンも訳あり
     エスター [DVD]

昨日更新の予定が12時を過ぎてしまいました
実は「ロフト」を観終わり、この映画は「ホラー」ではなく
「ミステリー」と気付き、急いで「エスター」を観て
書き終えました(出来立てのホヤホヤなブログで湯気が立っています  笑)
「ロフト」は次の機会に書きますので、宜しくお願いします


参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



              JY.gif
              「ホラー」第3弾、決定(?)
              日本の「ホラー」を予定しています 
スポンサーサイト



Comment

ホラーは怖い
編集
怖い映画は苦手なので、ホラーは見た事がありません。

オレンジリキュールさんは見た映画の感想をノートに残し、そのノートが何冊もあるとどこかで読んだ覚えがあります。
私は何もしていないので見た映画の内容はすぐに忘れてしまいます。
ですから同じ映画を何度見ても新鮮に感じます。

趣味は映画鑑賞でなく、ただ映画を見ることです。感傷に浸ることも無いので感想も無いのでうちのブログはあっさりしています。
2010年06月22日(Tue) 23:16
私も怖いです~
編集
ティンクさん
ティンクさん
いえいえ!!ティンクさんのブログを読むとストーリーが蘇ります。
そして「可愛らしい」ブログで「ホク」っと癒されます。

私も同じ映画を観ています。
好きな映画は何度観ても新鮮ですよね♪

最近のホラーは怖いばかりでなく、人の心を描いているものが多い様です。

2010年06月23日(Wed) 00:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL