FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPあ行 ≫ 映画☆「ウォーター」

映画☆「ウォーター」

アニョン!!お久しぶりです!!
How have you been?

あっという間に10日間が過ぎてしまいました
その間…
でも、再び更新出来てとても嬉しいです

日曜日、ワールドカップが決勝ですね
個人的にドイツのバラック選手が好きです
2002年のワールドカップからのファンです
が、今回怪我の為出場していません。残念
スペインに負けてしまい「あ~バラックがいたら…」
あの大きな体で豪快なプレーが観たかった!!

と言う事で今回久々のレビューは「ドイツ」の作品
この作品はドイツTVMにより放映された「ミステリー・ホラー」

「ウォーター」(2008年独)監督 クリスティアン・テーデ
                キャスト ゼバスティアン・シュトレーベル テレサ・ヴァイスバッハ

あらすじ
「干潟で殺された者は幽霊になって、2世代後に孫の夢に出て復讐しにくる。その幽霊をゴンガーと人は呼ぶ」そんな伝説のある村がある。
フィリップは、祖父の遺産相続のため子どもの時に離れてから一度も帰らなかった村に20年ぶりに帰る。旧友5人との久々の再会に喜ぶのも束の間、旧友のヘルマが友人が殺される夢を見た。それは、5人にとっての惨劇の始まりだった。
フィリップとヘルマが解決すべく調べていくと、この村のおぞましい過去が暴き出された。
1941年、この村で少年が溺死をした。それは残虐な事件で、これに関係している友達の孫が現在の5人だった…


この映画の見所は
「恐ろしい伝説」の裏に隠された、人間の「悪魔」に対する恐怖とエゴ
人間が「幽霊」という存在を造ってしまうのかもしれない

冒頭に使用人の首吊り。その横を少年が赤いボールを持って外へ出て行く…それだけで「何かありそう」

この幽霊ゴンガーの特徴はまず霧が出て、そして水が溢れてくる。その中を「ヒタッ・ヒタッ」と
画面からずぶ濡れの目隠しをした少年が迫ってくると何とも言えぬ不気味さ
「幽霊に水」は定番だとわかっていても怖い 「水」って万国共通??

5人がお互いに「ゴンガーに殺される」夢を見ると必ず殺人が起る
トイレの個室の中で殺されそうになった時は「この状況で殺されたら惨め」
と、思っていたら、なんとその人はその時は助かった
やはりズボンをさげたまま殺されるのは、見ているこちらも…です

ゴンガーと共にフィリップの過去も明かされていく
少年がゴンガーとなり、蘇った理由にはフィリップ一家に深く関係していた

フィリップが幼い時に、両親が何者かに殺された
死体現場が血の海。そして母親が舌を出して死んでいたのは、気持ち悪かった
その両親の死は、村の人々の恐ろしいエゴが生んだ悲劇

事件が解決し、フィリップとヘルマが愛し合い、happyっと思ったら!!
          ラストが本当に「怖い
          絶対に「怖い
これを観てオーメンを思い出し、ゾッとしてしまった


         冒頭に出てくる赤いボール これは最後まで忘れずに!!
  ウォーター    ウォーター

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

人気ブログランキングへ



          JY.gif
       楽しく、そしてのんびりと更新していきます
           また宜しくお願いします
                               

スポンサーサイト



Comment

編集


シャープになりましたね
2010年07月10日(Sat) 04:52
編集
お久しぶりです★
娘の携帯からです♪
パソコン買ったらまたゆっくり見にいきますね♪
またね♪
2010年07月10日(Sat) 17:19
お久しぶりです♪
編集
劉備義徳さん
有難うございます。
劉備義徳さんにいつも励まされています。

毎日暑いのでせめてテンプレートは涼しく行こうと思いました。

また宜しくお願いします☆
2010年07月10日(Sat) 18:38
お元気でしたか?
編集
dmreikoさん
コメント有難うございます。
ぼらんさんと楽しみに待っていますよ~♪

dmreikoさんのブログに秘密のコメントをしておきました。
是非お返事下さいねーーー☆
2010年07月10日(Sat) 18:42
編集
ドイツ映画としてはホラー作品は珍しいのでは?
TV映画としては警察のアクションものがヒットした覚えがあります。

ドイツ映画は好きでよく見ます。
特に魔法の映画と中世のファンタジーものです。
2010年07月11日(Sun) 10:25
Re: タイトルなし
編集
ティンクさん
私はドイツの映画はあまり観ていません。
「ふたりのロッテ」「ソート・オブ・ザ・ファンタジー」「ラン・ローラ・ラン」が思い浮かびます。
ドイツの魔法・ファンタジー映画は知らないので、今度是非レビューをお願いします☆
2010年07月11日(Sun) 19:25
編集
掲示板代わりに使用して申し訳ありません。

うちのブログはディズニー専門なので、難しいリクエストと存じます。
「ふたごのロッテ」や「飛ぶ教室」、「アントンと点子」等、ケストナー作品の映画化されたものは見ています。

ディズニーではふたごのロッテを映画化した「罠にかかったパパとママ」とそのリメイク作品の「ファミリー・ゲーム」は記述済みです。
2010年07月12日(Mon) 23:31
Re: タイトルなし
編集
ティンクさん
ジャンル違いのリクエストしてしまいすみませんでした☆
2010年07月13日(Tue) 00:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL