FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPら行 ≫ 映画☆「ロフト.」(2008年ベルギー)

映画☆「ロフト.」(2008年ベルギー)

「ロフト.」(2008年ベルギー) 監督 エリク・ヴァン・ローイ
                 キャスト ケーン・デ・ボーウ, フィリップ・ペーテルス
ベルギーで10人に1人が観たというサスペンス映画

あらすじ
ロフトのベッドで手錠をはめられ、血まみれで死んでいる女性の姿があった。
完全な密室殺人事件
そこに集まったビンセント、マルニクス、ルク、クリス、フィリップ
この5人は親友同士で、ビンセントが設計したマンションのロフトを秘密の部屋としてシェアーしていた。
それぞれが家庭・愛人の事情を持ち、この秘密の部屋を使っていた。
5人だけが持っているロフトの鍵。
お互いを疑い始め、とうとうビンセントがこの女性との関係を告白した…


冒頭のシーンがとても過激
サスペンスは、男女のもつれから始まる事件が多いが
この映画もこのシーンを観て一目瞭然

そしてビンセントらの警察の事情聴取での回想シーンから物語りは動く
女好きなビンセント・マルニクス・フィリップ
真面目だが思い込んだらトコトンなクリス
奥手のルク
そんな彼らは事情聴取で「妻を愛している」と口を揃えて訴える
      「ずるい!!」

勘付き始めた妻達の鋭い視線
それでも知らん振りしている妻達
      「恐ろしい!!」

クリスは妻に浮気の弁解をビンセントに頼むが
ビンセントはちゃっかりクリスの妻と関係を持つ
クリスの妻は罪悪感なく平然と夫にその事をほのめかす
      焦るクリスが情けない

犯人に辿り着くまで、二転三転するので
全員に一度は疑いを持ってしまう

犯人が解った時は「え~!!そうなるんだ~」の一言

とてもテンポの速い展開で、目が離せない映画だった
    
     ロフト. [DVD]
参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



Comment

字幕
編集
コレには色々と問題がありまして。
最初は字幕で見ていました。
これは俳優さんの生の声が聞きたくて、何ですね。
でも、英語と字幕が違うのですね。
ここのところが翻訳されていないとか、意味を端折ったりしてあって。
字幕が長いと読んでいるうちに画面が変わったりして、じっくり映画を見ていられ無くて、今は吹き替えにしています。
吹き替えですとちょっとよそ見も出来るので。

結構画面の隅々まで見ています。
画面の中にその国の文化やその時代の文化などが映っていますので。
どこの会社のテレビとかPCとか、腕時計とか、などなどです。
2010年06月27日(Sun) 13:50
Re: 字幕
編集
ティンクさん
「画面の隅々まで」…確かにですね!!
吹替えや日本映画だとじっくり楽しめますよね♪

ティンクさん~
とてもgoodな観かたですね!!
小道具の観察。
私も今度観てみます。
2010年06月27日(Sun) 22:29
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年06月28日(Mon) 00:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL