FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「脳男」生田斗真× 松雪泰子× 江口洋介 TOPな行 ≫ 「脳男」生田斗真× 松雪泰子× 江口洋介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「脳男」生田斗真× 松雪泰子× 江口洋介

「脳男」2013年 監督瀧本智行
キャスト
生田斗真  松雪泰子 江口洋介 二階堂ふみ 太田莉菜 染谷将太

この作品は第46回戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の小説を原作

冒頭に殺人現場!!
「怖い!!」
今回もミステリ-、そして主役はジャニーズ事務所の俳優 小説が原作の作品
5

いつものバスに乗り遅れた脳神経外科医の鷲谷真梨子(松雪泰子)
目の前でそのバスが爆破される

無差別殺人事件を担当している茶屋(江口洋介)は犯人がいるという場所へ行くが現場が爆破され、
そこには一人の男がいた

身柄を確保し取り調べると「鈴木一郎」(生田斗真)と名乗り、それ以上は何も答えなかった

鈴木一郎の担当医となった鷲谷は彼の感情を表さない言動を不思議に思い
精神鑑定を繰り返し、結果「生まれつき感情を持たない」人間と結論を出すが…


皆が精神を病んでいた
鷲谷、鈴木、そして犯人達

鷲谷そして鈴木一郎の過去が明らかになり
そして今の2人があった
とても辛くて悲しかった
特に鈴木一郎こと入陶大威の悲しい生い立ち
涙ぐんでしまった(そこで泣いたのは私だけ??)

人は育った環境で感情がとても左右される
鈴木こと入陶 彼は記憶力の優れた持ち主
祖父に育てられ、正しい道を教えてもらえればきっと「天才」と言われ
世の中の役にたっていたのに!!
「おじいさん あなたの責任ですよ!!」

彼はある意味正義の味方
鍛え抜かれた身体と精神
無表情な殺人
「斗真君!!怖い~ 体脂肪どの位??」

生田斗真君  松雪泰子さん 江口洋介さんの安定した演技

2
1

そして今回は
犯人役の二階堂ふみさん 変態男役の染谷翔太君
「悪の教典」では2人学生服だったのに
今回は本当に恐ろしい人間を演じていました
3
4
   若手が悪役大活躍な映画でした

斗真君は劇中台詞が少ないので彼の声が好きな人は物足りないかも
     

     ポチっとお願いします
       にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

       
     
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ジュニアの頃から知ってる斗真君
こんなにイケメン、演技派俳優になって
オカアチャンは嬉しいぞ~

これ、観たい!!!
2013年11月12日(Tue) 20:30
dmrikoさん
編集
ちょっと殺人シーンは怖いけれど
ストーリーは面白かったです。

おばちゃまも斗真君の成長に目を細めて観ています
2013年11月13日(Wed) 22:35
No title
編集
今、観終わったところです
怖い
悲しい
切ない

でも、斗真君は
美しかった
もちろん、松雪さんも

ほんとに、彼は、
どこに行くのが幸せなのでしょうか
2013年11月16日(Sat) 20:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。