FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「SOMEWHERE」ソフィア・コッポラ監督作品TOP映画 ≫ 「SOMEWHERE」ソフィア・コッポラ監督作品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「SOMEWHERE」ソフィア・コッポラ監督作品

SOMEWHERE」2010年 米 監督ソフィア・コッポラ
キャスト
スティーヴン・ドーフ エル・ファニング

第67回ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞を受賞

第26回東京国際映画祭出席のため来日したソフィア・コッポラ監督
「SOMEWHERE」(2010)のプロモーション以来、約2年11カ月ぶりの来日

エル・ファニングは「アイ・アム・サム」出演のダコタ・ファニングの妹

実はこの作品は2度目の鑑賞
1度目は半年前位かな~
あまり印象なく観終えましたが
2度目となると、色々観えて来ますね~
1
フェラーリをブンブン飛ばしているシーンから始まる
「この人、きっとストレスが溜まっているのね~」
運転手が降りてきて
「なんだか無気力な感じ」

そんな感じからスタートする映画

お酒・女・パーティー
そして何故か寝る前に部屋にポールダンスをする女性を呼び楽しく鑑賞
これだけでは「いったい何者?」職業が不明

可笑しかったのは、ポスター取りで女性の身長が少々高く
ジョニーが身長を高くする為の台に乗っていた事
「やっぱり、背のバランスの為にその様な小細工ってするのね
背の低い俳優のポスターを見ると、怪しいっと思っていたから」

ある日、目覚めると可愛い女の子
離婚した妻との娘クレオだった
そこで彼の職業が分かった 「俳優!!」

ある日元妻の事情で2週間娘を預かる事に
仕事で娘同伴でイタリアへ
娘に対して接し方が不自然だったジョニーだったが
徐々に父親らしい優しい表情へと変わっていく
スティーヴン・ドーフがその心の変化を上手く演じていた

本当に静かな映画で台詞も少ない
複雑な家庭の事情の中で育った11歳のクレオには感情を表す言葉がなかった
2
そんな彼女でも2度自分の感情を表した
それは父親との距離が近づき、心を開いたのでしょう

楽しく過ごした日々も終わり、元の生活に戻るジョニー

愛車を降りて、彼は自分の足で何かに向かって歩き始めた…SOMEWHERE

SOMEWHERE=どこかで・どこかへ・どこかに

    ポチッとお願いします
     にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

     



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
半年後にもう一度観返す
ってことは
ひっかかる なにか がある映画
ってことですね
2013年11月03日(Sun) 20:45
dmreikoさん
編集
いえいえ
特に引っかかる様な映画ではなく
TVでソフィア・コッポラを観たので思い出した作品です
でもめったに観直す事ってないので、実は好きな映画なのかな??
2013年11月05日(Tue) 22:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。