FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「オブリビオン」 トム・クルーズTOPあ行 ≫ 「オブリビオン」 トム・クルーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「オブリビオン」 トム・クルーズ

「オブリビオン」2013年米 監督ジョセフ・コジンスキー
キャスト
トム・クルーズ オルガ・キュリレンコ モーガン・フリーマン アンドレア・ライズボロー

公開時,観にいけずDVDになる日を待っていた作品です

あらすじ
西暦2077年。60年前に起きたスカヴとの戦争に勝利したが、人類はタイタンへと移住していった
地球にはジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とヴィクトリア・オルセン(アンドレア・ライズボロが地球を監視する仕事に就いていた
パトロールの途中で宇宙船の残骸から謎の女性ジュリア・ルサコヴァ(オルガ・キュリレンコ)を助け出す
スガブに捕らわれた2人はマルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)と名乗る男と出会う。
そしてジャックは自分とヴィクトリア以外にも地球で生きる者がいた事に驚く
そしてマルコムにジャックと地球の真実を告げられる


まずOBLIVIONの意味は?
忘れられている状態 忘却 無意識の状態 恩赦
1

私がトム・クルーズの映画を観る楽しみは「アクション」(顔や鍛え抜かれた筋肉ではなく)
「トップ・ガン」の様にオートバイに乗って突っ走る 戦闘機の操縦をするトム
この映画は十分満喫できた
3
ストーリーは…
前半はある程度予想の展開
後半に入り「ジャック」の存在は予想外
(書きたいけれど、この事がストーリーの鍵なのでガマン・ガマン)

聞きなれないカタカナが出て、整理しないと分からなくなる

幾つかの疑問を残し、解消されずに終わったしまった
映画に取り残されない様、そしてあまりこだわらず観続けた!!

CG技術は素晴らしく、とても綺麗だった

ジャックとヴィクトリアが住む地上1000mのプールのある家
60年後の住宅はこんな感じかな?
でも家全てがガラス張りなのでプライベートが丸見えなのは困るかな~

観終わり「51歳のトムはまだまだ健在ね」っと安心した

次回作が楽しみ

トム・クルーズと同い年の芸能人
石原 良純 布袋 寅泰 石塚 英彦 寺脇 康文 田原 俊彦 柳沢 慎吾 木梨 憲武 
松田 聖子 豊川 悦司 カイヤ 藤井 フミヤ 羽賀 研二 久保田 利伸 筧 利夫
パンツェッタ・ジローラモ 叶 恭子 石橋 貴明

  ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

   
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
トムさんも、聖子ちゃんも
わたしと同年代
みんな若々しく、輝いてるな~
あやかりたいもんです
2013年10月11日(Fri) 16:30
dmreikoさん
編集
わぁ!!聖子ちゃんと同い年なんですね~☆
「あ~私の恋は~♪」
私達も美魔女目指しましょうか
2013年10月11日(Fri) 22:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。