FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「ブラック・イン・ウーマン」ダニエル・ラドクリフTOPは行 ≫ 「ブラック・イン・ウーマン」ダニエル・ラドクリフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ブラック・イン・ウーマン」ダニエル・ラドクリフ

「ブラック・イン・ウーマン 亡霊の館」2012年英・カナダ・スウェーデン 監督 ジェームズ・ワトキンス
キャスト ダニエル・ラドクリフ キアラン・ハインズ ジャネット・マクティアリズ ホワイト

原作はスーザン・ヒルのベストセラー小説ホラー「黒衣の女 ある亡霊の物語」
2
主演は「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフ

あらすじ
19世紀末のロンドンで弁護士として働くアーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前出産で妻を亡くしその時生まれた4歳の息子と暮らしていた。
アーサーは妻の死を引きずっていた。
弁護士事務所の仕事で、イールマーシュの館で亡くなった家主であるアリス・ドラブロウ夫人の遺書を見つけ出す為,田舎町クライシン・ギフォードへ出張した
館でアーサーは黒衣をまとった女を目にするようになり、町の子共達が次々と変死している事実を知る…


2001年初めて「ハリー・ポッター」を観て楽しんで早12年
当時は「ラドクリ君」と呼んでいたが
この映画では4歳の父親役 もうすっかり大人 24歳になりました
「Mr.ラドクリフ」と呼ばないと

舞台はイギリスの田舎
3
館は怪しい雰囲気の中にも格調高い感じが怖さを増した
また置物や人形などの小道具が不気味~
サルの置物で「見ザル・言ザル・聞かザル」があった

正直「貞子」シリーズの後なので怖さは感じなかった
個人的には、「霊」の映画は邦画の方が怖い!!

ラストのシーンは賛否両論だったそうだが
私は「アーサーの望む事」で終わり、「良かったね」っと思った

Mr.ラドクリフの髭の濃さがとても気になった
1
が、さすがイギリス人!!19世紀のスーツが似合っていました

    ポチッとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      
 
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
まあ、あのポッター君が、
子持ちの弁護士役だなんて
時の流れを感じます
ちゃんと成人俳優として、
活躍しているんですねえ
2013年09月12日(Thu) 19:25
dmreikoさん
編集
ねぇ~
よその子の成長は速いといいますが、本当にまぁラドクリフさんはお兄さんを超えて
おじさんになっちゃいましたね
子持ちの役とは驚きです
dmreikoさんのお子様も初めて知った時から3年経つので、素敵なお嬢さんに成長された事と思います!!
今度秘密で写真見せてね☆
2013年09月12日(Thu) 23:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。