FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「北のカナリアたち」吉永小百合×森山未來TOPか行 ≫ 「北のカナリアたち」吉永小百合×森山未來

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「北のカナリアたち」吉永小百合×森山未來

「北のカナリアたち」2012年 監督阪本順治
キャスト吉永小百合 柴田恭兵 仲村トオル 里見浩太朗
      森山未來 満島ひかり 勝地涼 宮崎あおい 小池栄子 松田龍平

原作は湊かなえの「往復書簡」に収められた短編「二十年後の宿題」の映画化

第36回日本アカデミー賞で3部門 音楽賞、撮影賞、照明賞で最優秀賞を受賞
また、吉永小百合さんの116本目の作品

あらすじ
定年退職を迎えた川島はるはかつての教え子の鈴木信人が殺人事件の容疑者として警察に追われている事を知る
20年前、夫と共に北海道の離島に小学校教師として赴任した川島はる
この島の小さな分校で6人の生徒を受け持つことになった
はるは生徒達に歌を教え、合唱を通じて心を通わせていく
ある日、海辺でバーベキューを楽しんでいたはると生徒たちに事件が起き、その原因で、はるは島を追われるように去って行った
そして20年後、教え子の事件の真相を知るため教え子達との再会を決意し、北海道へ向かう…


東映創立60周年記念作品なのでか、安心して観ていられる俳優陣が出演している
1
驚いたのは小百合様
今年68歳の女性とは見えない美しさ若さで40歳代を演じていた
夫役の柴田恭兵さん62歳よりはるかに若い
また「想いを寄せる」仲村トオルさん47歳とはちょっぴり「年上の女性」という感じ
無理なく、また観ているこちらに違和感や嫌悪感を感じさせず、
若さを保っている小百合様は素敵です!!
1

ストーリーは疑問が多かった
教師、そして死を目前にしての妻である「はる」の感情
そして子供達の合唱を利用して2人の男性を励ましていたという裏事情(?)
徐々に「はる」の人間性に失望してしまう

しかし若手の力もあり、最後のシーンはウルウルっと…
特に森山未來さんの演技は素晴らしかった
また宮崎あおいさんの静かな演技にホロリとした

原作の題名、劇中の台詞でもある「20年後の宿題」の答えは
きっと人によって違う答えとなるのでしょう
はるにとっての答えは「生きる」事だった

北海道の厳しい雪の中でのロケ
「お疲れ様でした!」(私ってば上から目線?)

    ポチッとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
二十四の瞳 北国バージョンかと思ったら
ミステリー なんですか?

小百合様、憧れます
2013年09月07日(Sat) 21:37
dmreikoさん
編集
そうなんですよ~
私も24の瞳系かな?っと思っていました。
ミステリーって程謎がある訳ではないし…
なんのジャンルでしょうね~
本当に吉永様は体型も変わらず、美しすぎる方ですよね
私達も頑張っちゃいましょうか!
2013年09月08日(Sun) 21:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。