FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「釣りバカ日誌」TOPた行 ≫ 「釣りバカ日誌」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「釣りバカ日誌」

最近、TVで「釣りバカ日誌」が放映されて、何気な~く観ていた
妻のみち子さんは浅田美代子さんで、すでに恋太郎が生まれていた
無性に1作目、石田えりさんのみち子さんが観たくなった
25年前の作品で、それ以降再放送され観た事はあるが、うる覚え
「あ~ これは観なくては!!」っと早速レンタルして観た

三國さんの「お別れの会」が開かれたと聞き
私も「お別れの会」に参加した様な気持ちになった

「釣りバカ日誌」1988年 監督栗山富夫
キャスト 西田敏行 三國連太郎 石田えり 児玉謙次 大塚国夫
     名古屋章 鈴木ヒロミツ 江戸家猫八 谷啓

あらすじ
四国高松に住んでいるサラリーマン・浜崎伝助こと「浜ちゃん」は無類の「釣りバカ」で妻の「みち子さん」が大好き
東京本社へ転勤を命じられみち子と共に北品川の釣り宿の2階に引っ越した。
ある日昼に食堂で社長の鈴木一之助と知り合い、釣りに行く約束をした。
釣りの日一之助ことスーさんは浜ちゃんの家でみち子さんと共にもてなしを受けスーさんは楽しいひと時を過ごす。
浜ちゃんもみち子もスーさんを孤独であまり裕福ではない老人と思っていたが
スーさんは浜ちゃんが自分の会社の社員であることを知る。
そして浜ちゃん夫婦もスーさんが社長であることを知る。
また転勤で浜ちゃんは高松へ戻ることになり...


       面白かった~!!
やはり名優がそろっている映画は無条件に面白く、安心して観ていられる
1
初めて観た時は、アクの強い役者が揃っていて、今とは逆に疲れてしまった
特に三國さんはそれまで私の中では「悪役」だった

私も大人になったから(?)三國さんの演技の深さや上手さが分かり
「やっぱり凄い俳優だったんだな~」

浜ちゃんとみち子さんの「合体」の文字のシーンが面白い
みち子さんは可愛くて、色っぽい
石田さんって魅力的な女優だったんですね~
最近、観ていないけれど、あの可愛らしさは健在かしら?

デビュー当時の佐藤浩市さんは三國さんにあまり似てなかったけれど
最近は「やはり三國錬太郎の子供だった」というくらい似てきましたね~

    ポチっとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
これが一作目なのですね
テレビで放送されてるのを部分的に
何作か観たことあるくらいなのですが
二人の掛け合いが、テンポ良くて
楽しい映画ですよね~

他にお勧めのシリーズ、ありますか?
2013年07月28日(Sun) 05:23
dmreikoさん
編集
私はみち子さんが石田さんのシリーズが好きです
実は私もTVでちょっと観していました

難しい事考えず、ただただ浜ちゃんとスーさんの掛け合いを楽しみに観る
そんな映画って貴重ですよね
三國さんが亡くなった事が大変惜しまれますよね
2013年07月29日(Mon) 22:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。