FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「図書館戦争 革命のつばさ」劇場アニメ版TOPた行 ≫ 「図書館戦争 革命のつばさ」劇場アニメ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「図書館戦争 革命のつばさ」劇場アニメ版

「図書館戦争 革命のつばさ」2012年 監督浜名孝行

原作は有川浩の小説。全4巻から構成されている

2008年にTVアニメ版も放送され
2013年岡田准一 榮倉奈々共演で防衛省・陸上自衛隊・航空自衛隊の全面協力を受けて実写映画化された

私はこの作品は読んではなく、また実写映画も観ていません
とても気になる映画だったので
「まずはアニメから観てみましょう~」っと
1

その前に作家有川浩さんについて
驚いた事に(私が無知!!)この方女性だったのですね
「ありかわひろし」ではなく「ありかわひろ」
「図書館戦争」は2006年の作品で
「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位
2007年度本屋大賞で第5位を獲得
2008年『図書館戦争』シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞
その他の作品では「阪急電車」「フリーター、家を買う」「県庁おもてなし課」などが映画化

あらすじ
架空の近未来
公序良俗を乱す表現を取り締まるため制定された「メディア良化法」により武装組織「メディア良化隊」の不当な検閲に対抗する為、図書館が「図書隊」を作り良書を守るため戦っていた
あるテロ事件をきっかけに良化隊の標的となってしまった作家・当麻蔵人の身辺警護に当たる図書隊の郁と堂上だった…。


実はもっと軽い内容で、コメディ色が強い映画っと思っていたが
全く違いた
どちらかと言うと良質なストーリーだった
観始めは聞きなれない単語 そして男性陣の顔が少々似ているので戸惑ってしまったが
段々と理解し、面白くなっていった
郁と堂上の出会いや、想いを織り込みながら
アニメでは堂上の感情があまり表されていなかったが
実写映画の予告を見る限りでは、堂上がしっかり郁への想いを語っていた

DVD化されたら必ず観ます!!

     ポチっとお願いします
       にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

       
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
私も無知でした
有村さん、女の方だったなんて・・・
お勉強になりました~


実写版の映画はずいぶんCMしてて
岡田君はツンデレ役、でしたっけ?

アニメ版があったなんて知らなかったです
ご紹介、ありがとうございます
2013年07月17日(Wed) 17:07
dmreikoさん
編集
そうですよね
岡田君でこの映画のタイトルが知られる様になったのですね
私もアニメ版は知らず、ツタヤで知りました
実写版を早く観たいです

これからもdmreikoさんのお役に立てればナ~☆
2013年07月17日(Wed) 22:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。