FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「ジェーン・エア」TOPさ行 ≫ 「ジェーン・エア」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ジェーン・エア」

「ジェーン・エア」2011年 監督 キャリー・ジョージ・フクナガ
キャスト ミア・ワシコウスカ マイケル・ファスベンダー      
      ジェイミー・ベル ジュディ・デンチ

原作シャーロット・ブロンテの映画化
「嵐が丘」を書いたエミリー・ブロンテの姉のシャーロットの作品

あらすじ
両親が早くに亡くなり、叔母にいびられ孤児院へ送られつらい思いをしながら育ったジェーン・エア
家庭教師の職を得て、ソーンフィールド邸に住み込みながら働くことになる。
孤児院時代とは全く違い充足した日々を送っていた。
働いてから一度も会っていなかったソーンフィールド邸の主人ロチェスター会い
徐々に心を通わせるようになり、お互いの気持ちを確認し愛し合うが…


私は「ジェーン・エア」を読んだのは…中学生の頃でしょうか
ストーリーは全く覚えていません

「身分違いの年の差婚」
当時は恋愛、それも女性から告白するなんてあり得ない事
とても凄い事だった
今は年の差婚は特に珍しい事ではない
けれど「告白」は、今の時代だって男女共勇気が必要
だからジェーン・エアって
「凄く逞しい女性」
1

ストーリーはジェーンが何かに追われるシーンから始まり
そしてジェーンの生い立ち、そして最初のシーンへと戻り
エンディングへと向かう

古典を扱った映画だけあり
丁寧に描かれ、特にイギリスの美しい景色に目を奪われる

とても素敵な恋愛映画だった

    ポチッとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ジェーンエア、私も中学の頃読んで
大好きだった本です
映画も昔の白黒のような画面のを見た記憶があります

なぜか、私、能天気な中学生だったにもかかわらず
ジェーンのような恋愛をして、
いちずに、ひっそりと暮らすような人生を送るような気がしてたんですよね~
現実は、案外社交的な旦那ゲットとなりましたが・・・

この新しい映画も、観てみたいです

  アントキノイノチも観たくて探してるのに  
  近所のツタヤに、置いてない!!!

  絶対見るぞ~
2013年07月09日(Tue) 20:48
dmreikoさん
編集
分かる~
ひっそりと2人で暮らすような人生に憧れました~
我が家の夫もdmreikoさんのご主人と同じ!!

色々なジャンルのレビューしますね~
2013年07月10日(Wed) 22:29
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月11日(Thu) 17:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。