FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPあ行 ≫ 映画☆「オペラ座の怪人」

映画☆「オペラ座の怪人」

オペラ座の怪人(2004年米・英) 監督 ジョエル・シューマカー
          キャスト ジェラード・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン

世界的有名なミュージカル映画
100名以上のオーケストラによる演奏
吹替えなしの主演3人の歌声
あらすじ
1919年のパリ。廃墟となったオペラ座の劇場でオークションが開催された。そこにはラウル・シャニュイ子爵とマダム・リジーの姿があった。
最後に、謎の惨事に関係していたシャンデリアが紹介され、ラウルとリジーは1870年パリオペラ座に引き戻された。
オペラ座では怪奇な事件が続きプリマドンナの怪我により代役がクルスティーヌとなり、喝采を浴びた。
幼馴染である劇場の後援者のラウルと再会し、愛し合うようになるが、仮面を被ったファントムはクルスティーヌを地下へと連れ去り、想いを打ち明けるが、そこでクリスティーヌにとっては音楽の先生「音楽の天使」と慕っていたファントムの仮面の下の正体を知ってしまう。
           
ラウルとクリスティーヌが永遠の愛を誓い合う姿を見たファントムは哀しみと怒りで一杯だった
クリスティーヌを取り戻す為、再び地下へと連れ去るが、2人を捜し当てたラウはファントムに捕らわれ…


幼い頃から、母親からも世間からも嫌がられていたファントムにとって
このオペラ座、そしてクリスティーヌがすべてだった
クリスティーヌに対しての愛は執着そのもの
あまりのストカーぶりにクリスティーヌがかわいそうになった
でも、彼女もいけない
ファントムの孤独と情熱に心惹かれていたのに
幼馴染が現れたら途端、邪魔をするファントムに「顔ではなく心が醜い」と憎しみをあらわにした
でもファントムに心を奪われそうになるクリシティーヌの態度
それではオペラ座しか知らない、無垢なファントムが怒るのも仕方がない
    DSC09072.jpg

顔半分が醜いファントム
子供の頃、映画「エレファントマン」と同じ象のような形の布を被らされ見世物小屋で
人に見られ殴られお金をもらっていた
そのシーンは舞台にはない話

ジェラール・バトラーのファントムは「怪人」にしては素敵過ぎた
もう少し醜いと迫力があった
      DSC09069.jpg

セット・衣装は豪華絢爛 手抜きのない作りで嬉しい
音楽も良く、ファントムが登場するシーンの♪「ジャーン・ジャジャジャジャーン」は有名
この曲が流れると緊張が走る
      DSC09071.jpg

この映画の特徴は、現在がモノクロで過去がカラー
また明暗がはっきりとしている映像
     
最初に出た古びたシャンデリアは、1870年の頃はとても美しく輝いている
スワロフスキー1億2千万円分のシャンデリアが落ちていくシーンは1番の見所

             

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


            JY.gif
          プリマドンナ役ミニ・ドライヴァーだけが
               残念な事に吹替え!!
 
スポンサーサイト



Comment

もの忘れ♪
編集
えーっと、確かに観たような。
ファントムですよね。
記憶がない。(汗
ミュージカル?っぽい。
思い出せない。(汗x2
すいません。思い出したらコメします。(汗x3
2010年06月09日(Wed) 20:26
編集
CoCoさん
私も久々に観なおして、思い出しました。(笑
そうなんです。「ミュージカル」っぽいのです(笑x2
またのお越しを楽しみにしています(笑いx3
2010年06月10日(Thu) 01:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL