FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPま行 ≫ 映画☆サイコ・スリラー「ミザリー」

映画☆サイコ・スリラー「ミザリー」

「ミザリー」(1990年米)監督 ロブ・ライナー 
             キャスト ジェームズ・カーン キャシー・ベイツ
スティーヴン・キングの小説映画
この映画でキャシー・ベイツはカカデミー主演女優賞受賞

あらすじ 
小説家ポール・シェルダン(ジェームズ・カーン)は「ミザリー」というシリーズで人気作家となったが、「ミザリー」を書く事に嫌気がさし、コロラドの山荘で、自叙伝的小説を執筆する。書き終え山荘からの帰り道、崖から転落してしまったポールは、アニー(キャシー・ベイツ)に救われる。アニーはポールの「ナンバーワンのファン」と言い「ミザリー」の熱狂的愛読者だった。元看護婦のアニーは手厚く看護をしてくれたが、ある日「ミザリー」のシリーズ最終巻で主人公が死を迎える事を読み、アニーはポールを非難し、実は主人公は死んでいなかったという続編を書く様強要しポールを拘束する為の拷問が始まった…


6日、CS「ザ・シネマ」で放映。
久々のサイコ・スリラー
随分前に観たので、詳しく覚えていなかったが
再度観てやはり「怖かった」

この映画スリラーといっても、「アニー」の異常な愛を描いている
「命の恩人」でとても親切、また可愛らしく「ファン」である事を明かすアニー
ポールは、時として興奮しやすく、感情が不安定なアニーだが看護に感謝していた

しかし、最終巻の「ミザリーの死」を読み、益々感情の不安定さがエスカレートしていった
まだ怪我が直らず、歩けないポールの足をハンマーで叩き監禁し
「ミザリー」の続編を書かせ、自分の満足する内容に、娘の様に喜ぶアニー

2人で向かい合いディナーを食べる時のアニーは恋する乙女だった
が、異常な「ミザリー」に対する執着心がアニーを鬼にする

ラスト間近のポールとアニーの壮絶な闘い 
アニーの血だらけの顔は本当に恐ろしい

1年後のポールはアニーのトラウマから立ち直れていなかった
また観ていた私も「ミザリー」にトラウマ

キャシー・ベイツはどこにでもいる中年主婦、そして隠された恐ろしい面を持った女を演じた
決して顔もスタイルもよくもないが、心に残る名演技を見せてくれる女優

一生懸命ポールの行方を捜していた保安官が殺された時は「わぁ!!」
あまりのあっけない殺され方で可哀相だった

          
     
参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





             JY.gif
               「タイタニック」にも出演していた
                  キャシー・ベイツ               
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL