FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「犬神家の一族」1976年TOPや行 ≫ 「犬神家の一族」1976年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「犬神家の一族」1976年

年に1~2度、無性に過去に観た映画をまた観たくなる衝動にかられます
一昨年は時代劇、昨年は英国映画
そして今年は「横溝正史」の映画

まずは観たのは「犬神家の一族」1976年 監督市川崑
キャスト石坂浩二 高峰三枝子 島田陽子 あおい輝彦 草笛光子 地井武男 三國連太郎
    坂口良子 寺田稔 三木のり平 岸田今日子 横溝正史(特別出演)大滝秀治

犬神家の一族 [DVD]



10年以上前に観た映画なので覚えている事は
犬神家の遺産による連続殺人事件
長男佐清が戦争から帰り、顔の火傷により白いマスクをしていた
金田一には石坂浩二
佐清がおおい輝彦 位だった

色々な俳優が金田一役をやられたが
「やっぱり金田一は石坂さんが落ち着くわ~」
あおい輝彦は「明日のジョー」の声優
やはり良い声
最初の驚きは
犬神家に孫3人兄弟がいるのですが、次男役が…
「地井散歩」で有名で昨年亡くなった地井武男さんでした
ちょっと女好きな役なんですが、一番最初に殺されてしまいました
当時はあまり地井さんの事は知らなかったので、今回は驚きましたね~

そしてあらすじで
犬神佐兵衛は神社で野々宮に拾われ育てられ事業に成功し莫大な遺産を残した。
佐兵衛は生涯に渡って正妻を持たず、母親の違う娘が3人いて
娘達の子供3人の内の一人と野々宮の孫娘が結婚したら財産を相続出来る。
という事はなんとなく覚えていたが
野々村と佐兵衛が男色の関係で、なんと可愛がっていた野々宮の孫娘が
野々宮の妻と佐兵衛の子供の子供
本当の佐兵衛の孫だったという事
こんな大切な事をすっかり忘れていたなんて!!
なんといってもここがストーリーのポイントだったのに~

2006年に同じ監督、そして石坂浩二の金田一でリメイクされていますが

1

わたしは観ていません
どんな「犬神家」の人々なんでしょう

   ポチっとおねがいします
    にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

    

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
衝撃的なポスターを覚えてます
池の中からにょっきりと青いあんよが・・・
こわい、こわい
2013年03月16日(Sat) 19:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。