FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPた行 ≫ 「ただ君だけ」

「ただ君だけ」

「ただ君だけ」2011年韓国 監督 ソン・イルゴン
キャスト ソ・ジソブ ハン・ヒョジュ

ソン・イルゴン監督が、チャップリンの「街の灯」をモチーフにしたラブストーリー

あらすじ
飲料水の配達と夜は駐車場で働いているチョルミン(ソ・ジソブ)は、
駐車場で目の不自由なジョンファ(ハン・ヒョジュ)と出会う。
ボクサーをやめ借金の取り立ての仕事をし、傷害事件を起こして服役したチョルミン
自分の運転で事故を起こし、両親を亡くし自分の視力を失ってしまったジョンファ
暗い過去を背負い、戸惑いながらも惹かれあう2人は愛し合うようになり
幸せな日々が続いていたある日、ジョンファの両親の命日に墓参りに行き、
事故当時の話を聞き愕然とするチョルミン
同じ日5月5日…
そして1か月以内に手術をしなければ完全に失明することを告げられ、
手術の費用のため、チョルミンは生死の保証もないというな賭博格闘技試合への出場を決意する。


若手実力俳優、女優の2人の映画
とても楽しみでした
ソ・ジソプは初めての純愛映画出演
ハン・ヒョジュはTVドラマで共演者は旬な俳優を相手に次々とヒットを出す

1

前半は「ラブストーリー」定番の流れ
後半は「究極の愛」まっしぐら




3

この映画の見所は
ソ・ジソプの筋肉!!
ボクサー役なので、特に余分のない引き締まった筋肉にビックリ
特典映像で言っていたけれど、ボクシングジムに、1ヶ月通い、ボクサーの身のこなしなどを
勉強したそうだけれど、あの筋肉は本物 モムチャン
ハン・ヒョジュの街中での号泣!!
彼女は明るく可愛い女の子の役柄が多く泣いても「ウ~」っという感じ
今回は「ワーワー」泣いていたので、これは凄い!!

ストーリーとしては、「こんな愛は辛過ぎる~」
最近のドラマでこんなに「命がけの愛」のストーリーは珍しい
格闘技の殴り合いとか血のしぶきは凄い痛そう
後半の2人に関係する事故はちょっと偶然過ぎるけれど「映画だから」で納得

観終わり感じた事は
いやらしさを感じさせない様に撮ったという2回のキス・シーンは確かに綺麗だった
現実を考えず「映画の中の2人」として観ていると切なくなるストーリー
2

韓国では女性より男性からの評判が良かったそうです

   ポチっとお願いします

     にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


     
スポンサーサイト



Comment

編集
この映画大好きです!!
オリキューさんの解説通り、街中での号泣、そしていやらしさを感じさせないキス!!
最後は私も号泣でした。
ジソプ氏の筋肉凄かったですよね、最近みたドラマではスーツ姿か白衣ばっかりだったのでびっくりしました。
2013年03月05日(Tue) 16:17
No title
編集
あっ、ぽらんさんも観たんですね
私も観たい~
お仕事期間終わったら
ツタヤへ GO しますう
2013年03月05日(Tue) 21:07
ぽらんさんい
編集
ソ・ジソプは純愛映画出演初めてなんですね~
確かにこんな優しい役はなかったですよね
でもドラマでは兵役前はよく出ていた様な
兵役へ行ってから凄い筋肉マンになり、露出シーンが増えたのでは??
たまにはしっとり純愛映画に浸るのも心の栄養って事で良いですね☆
2013年03月05日(Tue) 23:00
dmreikoさん
編集
ぽらんさんも泣いたという事は、dmreikoさんも絶対泣いちゃいますね!!
ソ・ジソプの筋肉も堪能して下さいよ~凄いから
まだまだ泣かせてくれる韓流!!

2013年03月05日(Tue) 23:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL