FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPか行 ≫ ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの経験を基に書かれた「若きウェルテルの悩み」の
誕生秘話を脚色したストーリー

ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~2010年独 監督 フィリップ・シュテルル
キャスト アレクサンダー・フェーリング ミリアム・シュタイン モーリッツ・ブライブトロイ


m0000000657_sub3_large.jpg

あらすじ
1772年、作家希望のヨハン・ゲーテ(アレクサンダー・フェーリング)は、父親の命令により
博士号取得の試験を受けるが不合格となり、また出版社に原稿を送ったが断られ希望を失くし、
田舎町ヴェッツラーの裁判所で実習生として働くよう父親に命じられる
そこで美しい少女シャルロッテと出会い恋に落ちる
シャルロッテはゲーテの才能を認め、自信をくれた人でもあった。
が、シャルロッテは家庭の事情でゲーテの上司ケストナーと婚約をした
失望したゲーテ、そして人妻との恋に破れ自殺をした友人
その悲しみにより1冊の小説を書き終え、しのシャルロッテへ送る
「若きウェルテルの悩み」
それを読んだシャルロッテはある決断をし、彼に伝えた…



「若きウェルテルの悩み」は私が中学生の頃、兄が読んでいたので借りて読んだ記憶がある
今で言う「暗い小説」で自殺した意味が分からず「2度と読みたくない」小説だった
中学生の私には「失恋」の苦しみはちょっと大人の世界
この映画はイメージとは違い
ゲーテの詩に対する情熱や恋、失恋の心の内をあっさりと描いていた
しかし、観終わり
「確実にゲーテは成長した」っと感じられた

m0000000657_sub4_large.jpg


そして小説の主人公ウェルテルに比べ「ゲーテって意外とタフな人だったのね」

裕福な家庭に育ちお金の不自由も努力もせず、反発しながらも親の意に添うゲーテ
自分を認めてくれる唯一の女性とめぐり合う
そして自分の感情ではどうにもならない大人の事情を知り、友人を失い自殺を考えた
そんな実体験が今までは書けなかった、人々の心に届く素晴らしい「小説」が完成した

淡々とゲーテの成長が綴っている映画
と思いきやラストで

「女性は凄い!!強い!!」
家庭の事情によりのない結婚を決断し
でも、心はゲーテへので一杯だったシャルロッテ
あなたがいなかったら文豪「ゲーテ」の出現は遅れて、またはなかったかも

m0000000657_large.jpg

前回同様ラストで「ほっこり」
ロッテは幸せな家庭を築き、子宝に恵まれ
晩年1度だけゲーテと再会したそうです

余談
この小説により当時若者の間で「自殺」が流行した話は聞いた事がありますが
菓子メーカーのロッテは、シャルロッテの称ロッテに由来するそうです
知らなかった…
          にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


          


スポンサーサイト



Comment

No Subject
編集
週末はオリキューさんのお勧めでほっこり…と思っていたのに、何故だか一番嫌いなジャンルの映画を見てしまいました。
ソ・ジソプ氏の「会社員」なんですけど、銃撃戦が多くて私にはちょっと辛い映画でした…

オリキューさんは見るものを決めてからレンタルするんですか?それとも事前調査して狙いを定めてからレンタルするんですか?
2012年12月11日(Tue) 20:21
No Subject
編集
ゲーテ ですか・・・
あ~、私、理系女子だったもんで
ちょっと縁がなかったっす

でも死にたくなるくらいの大失恋は
したな~
と、この記事読んで、
思い出しました

青春に浸れたわ
ありがとー、オリキューさん♡
2012年12月11日(Tue) 21:48
ぽらんさん
編集
ジソプの「会社員」は知りませんでした!!
今度レンタルしてみます。

私はいつもジャンルで借ります。
「ラブ・ロマンス」・「サスペンス」っと
そしてDVDの表だけを見て、特にタイトル中心に。
決めている事は「その時絶対にストーリーを読まない事」
読みたくなってしまいますが、そこはガマン!!
ストーリーを知らない方が私は楽しめます。
(当たり・外れがありますが)
そして観終わってからネットでレビューを見て楽しんでいます。

ところでぽらんさん!!
ぽらんさんも「オリキュー」っと
3人仲良しって感じ~(๑´ლ`๑)フフ♡
ありがとうございまーす☆
2012年12月12日(Wed) 22:49
dmreikoさん
編集
きゃー!!dmreikoさん
乙女にもどっちゃいました~??

いつまでも乙女reikoさんでいてね♪
2012年12月12日(Wed) 22:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL