FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「黄金を抱いて翔べ」TOPあ行 ≫ 「黄金を抱いて翔べ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「黄金を抱いて翔べ」

3日公開初日レイトショーで観てきました

「黄金を抱いて翔べ」2012年 監督 井筒和幸
出演 妻夫木聡 浅野忠信 桐谷健太 溝端淳平 チャンミン 西田敏行

あらすじ
幸田(妻夫木聡)・北川(浅野忠信)・野田(桐谷健太)・元・北朝鮮のスパイの“モモ”(チャンミン)・斉藤(西田敏行)による大手銀行本店の地下にある240億円相当の金塊を強奪するという計画が進められた…


とても難しいストーリーだった
その上、映画という限られた時間の中では人物の説明が少なく、ちょっと不完全燃焼
原作を読み、改めてもう一度復習したい映画

淡々と話す幸田こと妻夫木さんに「あれ?この人こんなに下手だったかしら?」
所がやはり俳優妻夫木!!最後にしっかりと観せてくれました
このシーンの為の約100分間の抑えた台詞   納得です!!
そして特に印象的だった浅野さん
劇中、トラックの運転手、電気工事作業員、エレベーター故障作業員などに変装するのですが
その度に「そのもの」なんです
やはり演技が達者だとつくづく感心しました

何度かの爆弾シーンは仲々の迫力
とにかく爆弾音が凄い!!

「血」のシーンが多かったですね~
ひとつだけネタバレ
幸田と“モモ”そして北川の妻子の「血」のシーンは痛そうだった!!

「黄金を抱いて翔べ」それは
幸田にとっての「黄金」とは金塊ではなく…う~ん

やはり「井筒ワールド」でしたね(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…

この映画はストーリー通り、それぞれの役割を俳優本人達も分担していました

黄金を抱いて翔べ

今日原作を買って読んでみようと思います


    にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


    

スポンサーサイト

Comment

No Subject
編集
早い!!!
もう観て来たんですか?

チャンミンはどんな感じだったのかしら?
気になるわ
2012年11月04日(Sun) 17:15
dmreikoさん
編集
今回は早かったですよ~
何故って…
娘が好きな茶味様が出演しているので、娘に急かされました!!
茶味様?お豆腐屋さんでアルバイトをしている謎の人っとしか書けませんが
頑張っていましたよ
やはり噂通り「女装」シーンがあり、ちょっと笑ってしまいました

2012年11月04日(Sun) 23:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。