FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「十三人の刺客」TOPさ行 ≫ 「十三人の刺客」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「十三人の刺客」

「十三人の刺客」2010年 監督 三池崇史
キャスト 役所広司 松方弘樹 山田孝之 伊原剛志 伊勢谷友介 沢村一樹 古田新太 六角精児 石垣佑磨 高岡蒼甫 波岡一喜 近藤公園 窪田正孝 稲垣吾郎 

1963年の映画「十三人の刺客」をリメイクした作品 

あらすじ
幕末、残虐で罪のない民衆を殺し、権力を我が物にしていた将軍の弟・明石藩主松平斉韶(稲垣吾郎)の暗殺の命を下された島田新左衛門((役所広司)は、自分を含め13人の刺客を集め参勤交代の帰国の道中を狙い実行と決めた。
斉韶の腹心でかつて新左衛門の同門・鬼頭半兵衛(市村正親)と知力の戦いでもあった。
落合宿へ一行を誘い込み300対13の壮絶な戦いが始まった…

十三人の刺客




公開当時「悪役吾郎ちゃん」がちょっと評判で気になる映画でした

後半の戦いの時、島新左衛門が「斬って斬って斬りまくれ~!!」と言っていた通り
戦いは「斬りまくり」
途中皆がドロドロになり、誰が誰だか分からない状態

十三人の刺客

そんな中、さすが「ベテラン俳優松方弘樹」
堂の入った太刀さばきは年長とは感じられないパワー

そして次にキラリは伊原剛志 の剣豪で浪人の平山九十郎と、その門弟で人を斬った事がなかった小倉庄次郎
この2人を観ていると切なさを感じてしまう

そして最低最悪藩主斉韶のラストでは
泥水にまみれ転がりまわりドロドロになって演技をしたいた「スマップの吾郎ちゃん」は
俳優・稲垣吾郎でした!!(私、吾郎ちゃんのデビュー当時のNHKドラマを観ていました)

「あしたのジョー」で私達親子を魅了した伊勢谷友介が演じた小弥太
山で暮らしていたのでとても頑丈なのは分かるけれど…
刀で斬られても「猪や熊に襲われる程ではない」と元気に走り回っているのには
      「?」

所々「緊迫」したシーンがあり、観終ると疲れを感じた映画だった

昨年もう一つ公開された役所さん主演「最後の忠臣蔵」は映画館で鑑賞したが
私個人は「最後の忠臣蔵」の役所さんの役が良かった


            にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

スポンサーサイト

Comment

編集
豪華な俳優陣ですね

あの稲垣さんを、悪役で使うなんて
大胆な配役です。
でも、はまってたんですね

(吾郎ちゃんのデビュー作って、朝ドラでしょうか
  それなら私も観てた気がする)←ミーハーネタに食いつく

何でも上手にこなす役所さんって、
悪役やったことあるのかしら?
2011年08月08日(Mon) 15:51
dmreikoさん
編集
dmreikoさんも、朝ドラ観ていたの~!!
なんだか嬉しいです。
本当に昔なので、はっきりとは覚えていませんが
確か「弟役」でした(誰の?)

沢山の人が出演しているので、戦いのシーンではよく観ないと誰だか分からなくなります。

そう言えば役所さんの悪役って覚えがありませんね。

dmreikoさんには「最後の忠臣蔵」がオススメです。
ちょっと涙がでちゃいますよ~
もうレンタルされていました。
私は来週大沢さん(仁~)の「桜田門外」を観たいと思っています☆
2011年08月08日(Mon) 23:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。