FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「ロストクライム-閃光-」主演渡辺大TOPら行 ≫ 「ロストクライム-閃光-」主演渡辺大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ロストクライム-閃光-」主演渡辺大

「ロストクライム-閃光-」2010年 監督 伊藤俊也
キャスト 渡辺大 奥田瑛二 武田真治 宅麻伸 中田喜子 かたせ梨乃 原田芳雄

あらすじ
2002年、隅田川で発見された絞殺死体の捜査に、所轄署の若手刑事・片桐慎次郎(渡辺大)はベテラン刑事・滝口政利(奥田瑛二)とコンビを組まされた。
殺された男・葛木が、1968年に起こった三億円強奪事件の最重要容疑者の1人だった。
滝口は、当時三億円事件の犯人を追っていた捜査員の1人だった。
片桐は、滝口の家で当時の資料を読んでいると、その資料には葛木以外に数人の顔写真があった。
犯人グループを特定しながら逮捕しなかった理由を尋ねるが、滝口は答えなかった。
三億円事件を追うフリージャーナリスト・宮本翔大(武田真治)が、片桐の前に現れ、葛木の殺人事件が三億円事件に関係していて、隠そうとしている警察が片桐たちを危険視していることを教える。
次の日片桐は滝口に三億円事件について尋ねると、事件の真相を語り始める…


とても気になる三億円事件
犯人は警察官だとか、警察官の息子だとか…色々憶測されている

この映画は、犯人を断定してのストーリー
事実が「そうであるかの様な」「そうでないかの様な」
取り合えず、事実ではなく「映画の中のストーリー」として観た

ロストクライム

34年間、心に抱え生きてきた4人の共犯者達
事件は犯人親子・共犯者・警察だけの問題ではなかった
当時のガードマンが責任を感じ自殺をした

残された息子の恨み、そして復讐
そして当時の担当捜査員滝口の執念がストーリーのポイント

久々に観た武田真治さんは仲々見応えがあった

「ちょっと多いな~ こんなに必要ないな~」っと思った男女のシーン
中田喜子さんの胸の谷間は見たくなかった!!

主演の渡辺大さんは渡辺謙さんの息子
正面の顔は「そうかな?」という感じだけれど
横顔と笑顔が謙さんでしたね
親の七光りは全く感じない、しっかりとした演技で私は好感が持てる俳優でした 
(すでに結婚して、お子さんが2人いるとは…
 謙さんは「おじいちゃん」なんですね~

                 にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         
 
スポンサーサイト

Comment

こんばんは
編集
ラストサムライの謙さんはかっこよかったなぁ。
でも、ハリウッドに出るようになって、英語がお上手になって、アメリカンな映画に出演するようになって・・・
演技が・・・orz____
やはり、日本が舞台の映画の方が存在感がありますね。

謙さんの息子さん・・・将来が楽しみな方ですね。
マークしときます♪
2011年08月04日(Thu) 23:57
CoCoさん
編集
謙さんがこんなに国際的なスターになるなんて、デビュー当時は全く思いませんでしたよね。
確かに日本映画では存在感のある、魅力的な俳優さんですよね。

私も息子はノーマークでしたよ~
もっと活躍してほしいと思います。
これからが勝負の歳ですね♪
2011年08月05日(Fri) 23:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。