FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPま行 ≫ 「マイティ・ソー」

「マイティ・ソー」

「マイティ・ソー」2011年 米 監督: ケネス・ブラナー
キャスト クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス 浅野忠信

ケネス・ブラナーファンの私達親子は観て来ました!!

アメリカン・コミックス「マイティ・ソー」の映画

あらすじ

神の世界アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の2人の息子ソー(クリス・ヘムズワース)とロキ(トム・ヒドルストン)
ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に力を誇り、あまりの傲慢さから、王である父からムジョルニアを奪われ、地球へ追放される。
地球の荒野で目覚めたソーは、天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)たちの車に追突される。
ソーは慣れない人間生活を送るが、ジェーンとの出会いによって人間を学び、いつしか2人は惹かれていった。
神の世界では、弟のロキがアスガルド征服を企てていた。
ソーの護衛であり友であるホーガン(浅野忠信)、ヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)の三銃士は、危機をソーに伝えるため地球へやってくる。しかしロキは、破壊者デストロイヤーというマシンを地球に向けた。
危機は地球人とジェーンに迫っていた。
ソーは力を取り戻し、ジェーンに「再び戻る」と約束し神の世界アスガルドを救う為帰って行った…


この映画は3Dだが、2Dのみの上映だった

「アメ・コミ」はちょっと理解しがたい所が、多々あるのであまり期待していなかった
所がさすがシェイクスピア俳優の監督ケネス・ブラナー
ハムレットの「父親との確執」や「苦悩」をしっかり織り込ませ
単純なヒーローもの作品では終らせなかった

マイティ・ソー

途中のソーとジェーンの恋の話しはちょっと中だるみだったが
後半は何も考えず無心に映画が観れた
その位、分かりやすいストーリー

相変わらずの存在感のアンソニー・ホプキンス
マイティ・ソー

久しぶりに見たナタリー・ポートマンのGパン姿 可愛い
マイティ・ソー

そしてソー役のクリス・ヘムズワースは若き日のブラッド・ピットに似ていた
マイティ・ソー


所々3Dで観たら圧巻だろうな~っというシーンがあり、とても残念
もう一つの残念は当時浅野忠信さんのハリウッド映画出演が話題になったが
台詞が思いのほか少なかった
でも、一生懸命戦っていたので

エンドロールのあと、続編を思わせる特典映像があり

とても続編が楽しみ
         「観に行きます!!」

                にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL