FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「シェルター」出演~ジョナサン・リース・マイヤーTOP映画 ≫ 「シェルター」出演~ジョナサン・リース・マイヤー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「シェルター」出演~ジョナサン・リース・マイヤー

「シェルター」に出演しているジョナサン・リース・マイヤー
国籍はアイルランド 32歳
主な作品は「マイケル・コリンズ」「ベッカムに恋して」「パリより愛をこめて」

ジョナサン・リース・マイヤー

私が気に入っている作品は
「ベルベット・ゴールドマイン」1998年

70年代のロンドンでカリスマ的人気のグラムロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイド(ジョナサン・リース・マイヤーズ)が74年に暗殺される。
しかしそれは自ら仕組んだ偽装殺人だったことが発覚し、スターの座を引きずり下ろされ、その後は行方不明になっていた。
1984年、ニューヨークのヘラルド紙の記者アーサー(クリスチャン・べール)は追跡調査を依頼される。
アーサー自身10代の頃はブライアンの崇拝者だった。
60年代当時、ロック歌手としてクラブで歌っていたブライアンはアメリカから来たヴォーカリスト、カート・ワイルド(ユアン・マグレガー)のステージを観て影響され、バンドを組みカリスマとなった。
そんなブライアンが偽装殺人を実行した理由・そして今ブライアンは何処に…


なんとまぁ!!
現在のジョナサンには想像が出来ない位、中世的な美しさ

ジョナサン・リース・マイヤー

当時私は「厚い唇の青年は誰?」っと検索した覚えがある
そして隣にいるやはり美しい男性 
     この人はなんと!!
「スター・ウォーズ」の「オビ=ワン・ケノービ」のユアン・マクレガー 当時27歳

「グラムロック」という言葉は今は聞くことがないが、
私は「デヴィッド・ボウイ」を思い浮かべる


古い映画だけれど、この時代の音楽に興味がある人には楽しい作品
私には、この映画で2人の存在を知ったという貴重な1本

私はジェフ・ベックが大好きです


        にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。