FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPスポンサー広告 ≫ 「蛇のひと」永作博美×西島秀俊TOPは行 ≫ 「蛇のひと」永作博美×西島秀俊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「蛇のひと」永作博美×西島秀俊

「蛇のひと」2010年 監督 森淳一
キャスト 永作博美 西島秀俊 劇団ひとり 石野真子 國村隼

第2回WOWOWシナリオ大賞受賞作品 三好晶子は脚本デビュー作。

あらすじ
独身OLの三辺陽子(永作博美)が会社に行くと、会社では伊東部長が自殺をし、また課長の今西(西島秀俊)が失踪していた。
今西には1億円横領の疑いがかかっており、会社から陽子に彼の行方を捜すよう命令された。
彼を捜していている内に、彼の過去を知り、彼と関係のある人々から話しを聞き彼を悪く言う人は誰一人いなかったが、皆決して幸せにはなっていなかった。
陽子は「いい人」と言われる今西はいったいどんな人物であったのか判らなくなっていく。
そして彼の生い立ちを知り、最後の足取りをつかむがそれは思いもしない場所だった…


サスペンスです!!

蛇のひと

本当に良い人間だと思っていた彼の本性が判りすっきり
言動や行動があまりにも、「いい人」過ぎて多重人格かな?っと思っていたら…
本当に悪い人でした
人が「自分の言葉で変わっていく」それを楽しんでいたんです
その人の為と称して

「甘い言葉と暗い道」は危険です!!(「暗い道」は関係ないですが)

結局彼を「悪」にしたきっかけは少年期、ある物を失くしてから
(今回この「ある物」がポイントです)

「蛇」=舌の先が2つに分かれている
    今西そのものだった
もしかしたら誰にでもある隠された心理なのかも…

蛇のひと

  西島秀俊さんが関西弁でした~
蛇のひと


             にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         


スポンサーサイト

Comment

編集
なぬ~
わ、悪い人なの?
これだけいい人と言っておいて

西島さん、永作さん
どちらも好きな俳優さんです

劇団ひとりと、石野真子?
キャスティング、おもしろい

私は舌先分かれてないと思うんです
基本、嘘つくの、ものすごい下手
上手に嘘つきたい時も、あるんですけどね~
2011年06月25日(Sat) 06:25
dmreikoさん
編集
そうなんですよ~
私も「良い人」と思って観ていましたが…

でも、生い立ちに問題があったんです。
それを知ると、主人公同様憎めませんでした。

正直者のdmrikoさん
ブログにもとても人柄が表れています(わぁ!!なんだか私、上から目線)
2011年06月25日(Sat) 23:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。