FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 「FLOWERS」(フラワーズ)蒼井優 ~鈴木京香

「FLOWERS」(フラワーズ)蒼井優 ~鈴木京香

7日にWOWOW で放映された
「FLOWERS」(フラワーズ)2010年 監督 小泉徳宏
キャスト 蒼井優 鈴木京香 竹内結子 田中麗奈 仲間由紀恵 広末涼子

あらすじ
昭和11年春、親同士が決めた結婚に悩み続ける凛(蒼井優)は、式当日花嫁姿のまま家を飛び出してしまう。

昭和30年代、長女の薫(竹内結子)は夫を交通事故で亡くす。
次女の翠(田中麗奈)は、当時はまだ珍しいキャリアウーマンとして出版社で働いていた。

昭和50年代、三女・慧(仲間由紀恵)は夫と娘の奏の3人で幸せな生活を送っていた。しかし2人目を妊娠したが、生まれつき体が丈夫ではなく医師から「出産には耐えられない」と宣告される。

平成21年冬、奏(鈴木京香 )は東京でピアニストになる夢が叶えられず、年下の恋人と別れてから妊娠していることが判る。
そんなある日、祖母のお葬式で実家に帰る。
次女の佳(広末涼子)は男の子を産み幸せな結婚生活を送っていた。


この顔ぶれは○○○化粧品のCMですよね
とても観たかった映画 こんなに旬の女優が揃う映画は珍しい

FLOWERS

凛のストーリーから始まる
昭和11年を意識してか、映像はモノクロ
その効果か、昭和初期の雰囲気がとても出ていた
凛が白無垢の花嫁衣裳で逃げると…画面は現在に変わる

私はそこからずーっと凛の事が気なり、早く結末が知りたかったが…

一番印象的だったのは長女の薫の寂しい悲しいストーリー 
そして竹内結子さんの美しさも群を抜いていた

観終わり、親子間が分からなくなり整理してみたら
凛(蒼井優)→三女・慧(仲間由紀恵)→奏(鈴木京香 )が繋がっていた

ここの家系は女系の様だ
ただ1人次女の佳の子供だけが息子

「命が繋がり、歴史を作る」
私も一家の歴史を作っている一員なんだと今更ながら思った

薫の夫は大沢たかお
翠にプロポーズした男性に河本準一(次長課長)
慧の夫に井ノ原快彦(V6)
凛の結婚相手になんと・なんと三浦友和と山口百恵の次男三浦貴大

三浦貴大

翠の担当エロ作家にこの前亡くなった長門裕之
     男優陣も豪華な映画だった


           にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         




スポンサーサイト



Comment

編集
ホント、豪華な共演です!!パチパチ

自分が家族の歴史を作ってる一員なんて
感じたことなかったです
毎日、その場の日常生活に 追われてるだけ

自分を縦に見る、
そんなことも、映画って気づかせてくれるんですね
2011年06月11日(Sat) 12:45
dmreikoさん
編集
とても「目」の保養になる映画でしたね~

「自分を縦に見る」=私が言いたかった事です。dmreikoさん有難うございます!!

毎日に追われてしまいがちな生活にちょっと心に余裕が持てるのが映画の良い所と思っています。
2011年06月11日(Sat) 23:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL