FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPや行 ≫ 「山桜」 原作藤沢周平

「山桜」 原作藤沢周平

WOWOWで2日に放映された映画
山桜」(2008年)監督 篠原哲雄
キャスト 田中麗奈 東山紀之 篠田三郎 檀ふみ 富司純子 永島暎子 村井国夫

あらすじ
江戸後期、下級武士の娘・野江は前の夫に病気で先立たれ磯村家へ2度目に嫁いだが、結婚生活は不幸だった。
そんなある日、叔母の墓参りの帰り道、山桜を見つけるが、花に手が届かずにいると手塚が現れ枝を折り渡してくれ「お幸せでござろうな」と野江の身を案じてくれていた。
手塚は磯村家に嫁ぐ前に野江との縁談話があったが、野江は剣術の名手である手塚を恐れ断ったのだ。
野江は初めて本人に会い、優しい人柄に心が動いた。
しかし手塚は正義感から農民を苦します悪政をたくらむ藩の重臣を斬ってしまい、牢に入れられてしまった…


私の大好きな「武士の一分」「花のあと」の藤沢周平の短編「山桜」の映画
まだ未読ですが、たった20ページ位のストーリーからこの映画が作られたそうです

   山桜

藤沢さんの映画化された過去の作品の中でこの映画が1番好き
「どこが?」

時代劇初主演の田中麗奈さんは演技はとても上手だが、
ちょっと現代的な顔の作りなので日本髪がちょっと残念
凛々しい顔で、剣を持つ姿が決まっている東山紀之さんは殆ど台詞がない

でも…でも映画全体の雰囲気がとても落ち着いた、静かな流れ  
決して熱い想いではないけれど、2人の確かな強い愛
優しく包み込む様な家族の愛
良いです 「これぞ邦画!!」っと感じられる映画

終盤手塚の母志津がこの映画の全て
志津によって気持ちが救われた野江
志津によって長年の想いが実った手塚

        志津に「山桜」を感じた

   山桜


               東京の春模様 4/2
       花
                         by夫

       花
                         by娘


          201103200159095c1.jpg

              にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL