FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPさ行 ≫ 「さくら心中」~思い浮かんだ映画

「さくら心中」~思い浮かんだ映画

最近、フジTV13:30~14:00に放映されている
さくら心中」にはまっています。
録画をして、楽しんでいる毎日
この「さくら心中」のキャッチコピーは「震えて、揺れて、乱れて、悶える」だそうで

   さくら心中

昭和50年酒造り酒屋「いさみ酒造」の娘、桜子(笛木優子)と、ある日さみ酒造へ蔵人としてやって来た比呂人(徳山秀典)二人は報われない恋に悩み桜の木の下で心中するが、桜子は助かり、死んだと思われた比呂人が10年後記憶を失くして現れた…


本当に昼ドラ定番のドロドロ

ここで私は「さくら」・「記憶喪失の夫」の作品を思い浮かんだ
「心の旅路」1942年 米 監督マーヴィン・ルロイ(「若草物語」「哀愁」)
キャスト ロナルド・コールドマン グリア・ガーソン
あらすじ
第一次大戦の終わり、フランス戦線で英国陸軍大尉は砲撃を受けたショックで完全な記憶喪失になりメルベリー市の陸軍精神病院に入院する。
散歩に出た大尉は踊り子ポーラと知り合い恋に落ち、田舎で静かに結婚生活を送っていたが、
出張先で彼は自分が実業家の息子であっり名前はチャールズと記憶を取り戻したが、結婚生活の記憶を失ってしまう。
それを知ったポーラは事実を隠し、「マーガレット」と名乗り彼の秘書として働く。

ある日チャールズは、思い出す。
そしてポーラと暮らした家の門の前に立つと、そこには「マーガレット」がいた。
そして彼は全てを思い出した。
そう、愛する「ポーラ」を!!

     心の旅路



とても、妻のポーラが可愛そうで
私だったら、わざわざ秘書になって献身的に尽くさず
「実は私は妻です。忘れては困ります」っといってしまう
けれど…
それを言ったら、映画になりませんね
耐えて・忍んで・尽くして
そして新たに自分を選んでほしかったのでしょう(女心

しかし最後にはポーラの元に戻るチャールズ
          とても感動的!!
       「愛は不滅です」

今回もモノクロ映画のレビューです

   心の旅路

以前にも書いたのですが
白黒のスクリーンに段々カラーが出てきます
その色は私のイメージの色 きっと観ている人によって違う色だと思う
それはその人だけの映画 私だけのスクリーンなんです

さくらの花言葉
「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」


           にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         
スポンサーサイト



Comment

編集
オリキューさん
とうとう、昼メロにまで、手を出してしまったのね

記憶喪失の夫
ポーラの献身が、実ったんですね
女の意地もあったんでしょうか?

愛は不滅
ちょっと日常会話では使わない言葉も
映画を語るのには、自然に出てくるんですね
映画って、素敵♡

記憶喪失は、いろんなドラマを生みますね

私は、都合の悪いことに対しては、記憶喪失になります



2011年03月08日(Tue) 17:03
dmreikoさん
編集
そうなんですよ~だいぶはまってしまい…
 
「愛は不滅」=本当本当!!日常では思いも付かない言葉ですよね~
でも映画やドラマを観ているとこの言葉が出てしまいます。(乙女チックね♥)

同感です。都合が悪いと何故か忘れてしまう、都合の良い頭です。
「物忘れ」も最近激しくて…(家族に「ヤバい」と言われています)
特に漢字が出てこないですね~。
だからPCの変換機能には助かります。(これだから覚えないで済んでしまうのですね。)
2011年03月08日(Tue) 23:05
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年03月09日(Wed) 07:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL