FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPか行 ≫ 「KAGEROU」ようやく読み終わる

「KAGEROU」ようやく読み終わる

「KAGEROU」齋藤智裕水島ヒロ
去年話題のこの本
実は私も12月下旬に買い読み始めたのに…仲々進まず、こんなに時間がかかってしまった
いつも本を読むペースは合間を見てチョコチョコ読むので、2日位で読み終えるのですが…

本としてはとても読みやすい構成
Chapter1~7 The Last Chapter Repotに分かれ全236ページ
文字も大きくゆったりとした行間

こんなに読み易い本なのに…

予想以上に内容が重かった!!ページをめくる事が重かった

      KAGEROU

あらすじは
大東泰雄41歳はリストラされ、借金を重ねついには自殺を試みる寸前
ドナーのコーディネーター京谷貴志に助けられる
死んでしまう体なら、「ドナーとなりお金を残し人を助ける」事を薦めれれる
そして泰雄の体に値段がつき、親にお金を渡せる様振り込まれ
泰雄はドナーとなる長い眠りについた…


淡々と話は進んでいくが、ラストに近づき泰雄は「生きたい」と切望するが後の祭り
そしてコーディネーターとして感情を持たず、手順よく泰雄を導くイケメン京谷が、最後に見せた人間らしい行動

とても悲しく・苦しい結末だった

命は尽きても、体には本人の「カゲロウ」は残っている
そして一度は死ぬ決意をしても、助かってしまうと明るい未来を想像し、この世に未練を残してしまう
     「死にたくなくなる」「生きたくなる」
でも自殺を計り本当なら死んでいた泰雄には、選択の余地はない

      「悲しすぎる~」


口直しにこちら

     ミック
         男前!!なミック

     ミミ
         花より団子ではなく牧草!!なミミ

              にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

スポンサーサイト



Comment

編集
映画鑑賞の合間に
本も読まれてたんですね
私は基本、ミステリーしか読まないので
紹介してくれて、よかったわ
あのイケメン俳優が、
こんな重いテーマの小説書くなんてね

お口直し画像がうれしい!!
お久しぶり、ミックとミミちゃん
元気にお過ごしのようですね♡
2011年02月18日(Fri) 14:33
dmreikoさん
編集
ミステリーも大好きです。が読み始めると止められないで、気付くと夜中になってしまい朝が辛いです。

私もまさかこんなに重いストーリーとは思わず軽い気持ちで買ってみました。
全身移植されてしまうお話は辛いです。 

ミックもすっかりお兄さんです。
満5歳なので人間では35歳~40歳位でしょうか。
ミミは4ヶ月なのでもう子供を生めるそうですよ~
2011年02月18日(Fri) 23:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL