FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPさ行 ≫ 「シャッターアイランド」

「シャッターアイランド」

第83回アカデミー賞作品賞ノミネートの「インセプション」を観たかったのですが
残念!! お店に30本近くあるDVDが全部貸し出し中
では、「まだ観ていなかったレオの映画を観ましょう」とレンタルした
シャッターアイランド」('09)
監督 マーティン・スコセッシ 
キャスト レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ ベン・キングズレー

マーティン・スコセッシ監督、とレオナルド・ディカプリオ主演作の4度目の作品
キング・オブ・ニューヨーク('02)
アビエイター('04)
ディパーテッド('00)


精神疾患のある犯罪者を隔離収容する島、シャッターアイランド
そこで1人の女性が消えた。
連邦保安官テディ(レオナルド・ディカプリオ)は新しい相棒チャック(マーク・ラファロ)とともに事件を捜査するためにこの島へやってきた。
捜査しているテディの身にも、変化が起こり…


この映画は全く先入観を持たずに観始め、とうとう原作者・監督の手に乗ってしまい
     ラスト15分で驚いた!!
そういえば、この映画の宣伝では「衝撃のラスト」
(「衝撃」までは気持ちが来なかったけれど)

      ストーリーはテディの病んでしまった心の妄想?
    シャッターアイランド

      テディの治療の為に病院が試した事件?

    シャッターアイランド


う~ん私が感じた事は…
(ネタバレ)隔離しているシャッターアイランドに疑いを感じた連邦保安官のテディが、国から目を付けられ、
相棒のチャックをはじめ、島の医師達により精神疾患にさせられ、抹消されてしまったのでは?

    シャッターアイランド

ラストのテディの言葉「一緒に島を出よう」「モンスターとして生きるか善人として死ぬか」っとチャックに言った
はたして、テディは今の自分を解っているの?それともまだ妄想?

やり手の連邦保安官から一転して精神が病んでる患者となるレオの演技がとても良かった

    シャッターアイランド


              にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         
スポンサーサイト



Comment

編集
この映画の紹介
王様のブランチで観て
とっても気になってました。
レオ様が患者になっちゃうなんて

これ観よう!!
2011年02月02日(Wed) 22:23
dmreikoさん
編集
ちょっと観るのが遅くなってしまいました。
最近、レオは難しい映画が多くて…

先入観を持たずに観ることをお勧めします。
彼は「患者なのか・正気なのか」考えて観ると解らなくなります。

観たら、感想をお願いしま~す☆
2011年02月02日(Wed) 23:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL