FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPか行 ≫ 「告白」

「告白」

第83回アカデミー賞ノミネート作品が発表がありました。
残念なことに日本代表の映画「告白」は、外国語映画賞最終選考の9作品に選ばれましたが
ノミネートされません。

まだ観ていない映画だったので、今日レンタルして鑑賞しました。
「最新作」だったので1泊2日350円 15本以上はレンタルされていました。
やはり注目の作品なんですね

告白」(2010)原作 湊かなえ  監督監督・脚本 中島哲也
キャスト松たか子 木村佳乃 岡田将生

ある中学校の1年B組37人では終業式後のホームルームで担任・森口悠子(松たか子)が自分の娘が死んだ真相を語りだした。
事故死と判断された娘は、実は、クラスの中の2人=犯人A・Bに殺されたのだと言う。森口は少年法で守られた犯人たちに、処罰を与えると宣言する…


   「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
   娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」
   
    告白
     公開前のTVで流れていた、とても印象的な台詞

この台詞がとても早い段階で言ったので、「あとは?」となんだか心配になった
案の定、森口の復讐が始まり、常に重いストーリーが展開される

    告白

この画像だけだと教師が「命の大切さ」を語っている様に感じるが…
とんでもない!!森口は教師ではなく、被害者の母親として復讐の為、教壇に立っていた

「いじめ」「殺人」「血」のシーンで展開されていく
この映画には「良い人」は1人だけ 新米教師の寺田良輝(岡田将生)
でも結局は森口に操られ最後には悪人となってしまった
    告白

犯人のAは「マザ・コン」
愛情に飢え、母親に振り向いてほしかったという哀れな、そして幼い犯行だった

私は「殺人」「血」と最後まで恐ろしいシーンでとても疲れた

松たか子さんの演技は凄かった!!(昔のお嬢様はどこへ?)
それ以上に少年Bの母親役の 木村佳乃さんがとても良かった(彼女も昔はお嬢様)
    告白

私も思い切って告白します!!
「この映画は好みではありませんでした」


       にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         
スポンサーサイト



Comment

編集
アハハ、最後のオリキューさんの告白、
笑えます♡

これの原作は、発売当時読みました。
牛乳が飲めなくなるって、
どなたかのコメントにありましたが
わかるわ~

ノミネートされなくて、ホント残念でした。
映画評論家の評価は、ずいぶんよかったのにね。

熱血教師役、あのイケメン、岡田君がやるとは思わなかった。
松さんは、イメージにぴったりでした。
(映画は観てないけど)
2011年01月27日(Thu) 08:17
dmreikoさん
編集
原作読んだんですね。
映画とどこが違うのでしょう??

本は自分の想像が広がり、映像とイメージが違いますよね。

岡田君が出た時は、思いも寄らない配役でちょっと驚きました。
岡田君は教師の役をやるには早い年ですよね。

春馬君もドラマで教師の役ですね。
ゆちょんも「韓国語の教師」役で日本のドラマに出演しないかしら~☆
2011年01月27日(Thu) 22:45
編集
見てみたいけど、私もこういうの苦手です。
「殺人」「血」そしてそれに「子供」が絡むものは本当に苦手なんです…
時間の都合上たくさんの映画を見られるわけじゃないから、どうせ見るなら明るく楽しくすっきり泣けるものが見たいと思う私は究極のケチなのかも(笑)


2011年01月28日(Fri) 00:48
ぼらんさん
編集
イエイエ。ケチではありませんよ~
嫌な気持ちになる映画は後まで引きずります。
2時間幸せな気分になれる映画が観たいですね☆
2011年01月29日(Sat) 22:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL