FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPさ行 ≫ 「THE LAST MESSAGE 海猿」

「THE LAST MESSAGE 海猿」

「THE LAST MESSAGE 海猿」3Dを観てきました

キャスト 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 加藤雅也 時任三郎 鶴見辰吾 三浦翔平  

福岡沖に国家プロジェクトとして建設された天然ガスプラント施設「レガリア」で火災が発生した。
そして大型台風が接近していた。
仙崎(伊藤英明)は吉岡(佐藤隆太)と「レガリア」設計主任の桜木(加藤雅也)と現場へ向かうが救助作業中に爆発が起こり、仙崎や桜木そして機動救難士・潜水士で経験が浅い服部(三浦翔平)、常時医で女性の西沢、作業員の木嶋の5人が取り残されてしまった。
火災が広がり、台風が接近している為ヘリも船も近づけなかった。
仙崎は服部とバディを組み、全員で無事帰還する様道を探すが…
海上保安庁本庁では、人命よりも国益に重きを置き、国の損失を阻止したいという内閣参事官と人命優先の海上保安庁 警備救難部救難課長下川が対立する…


始まってすぐに伊藤英明さんの鍛え上げた自慢(?)の上半身を見る
確かに前回の「LIMIT OF LOVE 海猿」より体が凄いかも!!
「わかった、わかった大輔君 凄い!!」

今回は大輔 と環菜に赤ちゃんが生まれる
この赤ちゃんマルマルして可愛い でも未熟児で生まれた設定

「レガリア」が火災により壊れて行くところは圧巻 作り物とは思えない迫力

   海猿

そして大輔と経験2年の服部が活躍
しかし服部は大輔の足をひっぱる頼りない潜水士
彼のせいで大輔が危ないのでは?心配

   海猿

予告で環菜が「大輔君でないとだめなの!!」っと泣いていた所
きっと大泣きしちゃう~っとハンカチを用意
でも、思った程悲しくはなかった
予想外の所でハンカチが必要になった

それは服部が大輔を助けに行く時(ちょっぴりネタバレ)
弱虫な服部が「仙崎さん、僕怖いです」っと言って仙崎を助けに行く
公務員なら親が喜ぶという簡単な理由で入った海上保安官の仕事
初めて勇気を出し、海へ飛び込んだ服部 
       とてもツボでした

今回も大輔は「生きているの?」「死んでしまったの?」でラストを締める
   
   海猿

この映画は3Dでなくても良いのでは?
特に「わぁ!!」と飛び出る所がないし、画面が暗くてはっきり観えない
3Dメガネを外して観ていた方が、はっきりしていてわかる
レディース・ディで「1000円」の所、3Dは「2000円」  なんだか~

残念な3D以外は、ストーリーは楽しめ・出演者も熱演でとても満足な映画

         JY.gif
           少しの間、お休みします
           
スポンサーサイト



Comment

編集
偶然にも同じ日に見たんですよね、凄いですよね(笑)
私は11時半から見ました。

私も、意外にも環菜のシーンでは全く泣けず、オレンジリキュールさんと同じ場所で泣きました。
ちなみに、一緒に行った二人の友達も同じ場所でハンカチだしてました(笑)
あそこは泣けますよね~

2010年10月15日(Fri) 22:17
編集
暫くお休みするのですか?
どれ位の期間なんでしょう…
まだ戻ってきて下さいね。
待っています~!
2010年10月16日(Sat) 00:44
編集
お休み、残念です。
何か、大きな目標があるんですね。
だいたいいつ頃まで、待てばいいですか~?
2010年10月16日(Sat) 05:40
ぼらんさん
編集
本当に以心伝心??同じ日に同じ映画とは…嬉しいです。

私も3人で行き、同じくあそこのシーンは3人共…
観終わり感想はやはり「服部君、泣けたよね」でした。

来月の「SP」のレビュー、お願いしま~す。
2010年10月16日(Sat) 20:36
いちごっ娘
編集
再開した日は必ず、お知らせします。
とても嬉しい言葉を頂き
本当にありがとうござます☆
2010年10月16日(Sat) 20:39
dmreikoさん
編集
う・う~
私のブログはトン状態?(わぁ!!自惚れ~)

また再開したら、宜しくお願いします。
「私を信じて」(ユノの真似)
2010年10月16日(Sat) 20:43
えーっ
編集
休止ですか?
いつも楽しみに拝見していたのに
とても残念です。

休止ですよね。
やめてしまうのではないですよね。

絶対に戻ってきてくださいね。
2010年10月19日(Tue) 12:19
ぴかぴっかりん さん
編集
ありがとうございます。
必ず再開します。
時々訪問させてまらいます。

2010年10月19日(Tue) 23:42
編集
強い人間とは、自身の弱さを認識している人間であると思います。
2010年11月23日(Tue) 03:42
編集
よい1年を迎えられますことを祈っております。

2010年12月30日(Thu) 03:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL