FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPは行 ≫ 「僕の初恋をキミに捧ぐ」

「僕の初恋をキミに捧ぐ」

原作は青木琴美による漫画
2005年~2008年まで『少女コミック』(小学館)で連載された

僕の初恋をキミに捧ぐ (2009年 日)監督 新城毅彦
キャスト 井上真央 岡田将生 杉本哲太 仲村トオル 森口瑶子

心臓病の逞(岡田将生)は20歳まで生きられない体だった。幼い頃から逞を愛し2人で結婚の約束をした繭(井上真央)。
しかし繭は幼い頃から逞の命が短い事を知っていた。
2人は同じ高校に入った。
幼い頃同じ病室だった照と出会い、突然彼女が亡くなった事から、いずれ自分も同じ死が訪れら繭を悲しませないために、自分から別れを告げる。繭に思いを寄せる昴に譲るつもりだったが、逞の想いは募るばかり。
ある日昴と決着をつける為、禁止されている100mに走に挑み…
ある日突然、昴が事故で瀕死の状態となり…


このDVDはレンタル店でいつも借りられていた人気DVD
TVのCMで平井堅の「ありがとう~・さようなら♪」(僕は君に恋をする)
そしてキャッチコピーの「僕たちの恋愛には、タイムリミットがある」

ストーリーはこれだけで十分読めた!!
    わかり易い!! 

でも「ラブ・ストーリー」ってわかり易いから好き
「愛し合う」か「別れる(死)」のどちらか
この映画は観る前から「死んでしまうのね」
でも観ている内に「奇跡が起こるのでは?」「それではあまりにお粗末」「でも奇跡が!!」
観ている側は我がままなもので「死」んでしまえば、「そのまま~!!」
                    「ハッピーエンド」だと「う~そ~!!」

実は始まって8分頃、私は泣きました
それは…子供時代の2人  「子役」2人が一生懸命演じ、一生懸命泣いていました
泣き止まない繭に逞が唇で繭の口をふさぎます(やってくれます、8歳児)
可愛いけれど、これからの2人の苦しさを思うと涙です

          僕の初恋をキミに捧げる



僕の初恋をキミに捧げる   僕の初恋をキミに捧げる

中学~高校時代がメイン なのでちょっぴり(うそ!!大分)昔の事
どうかな?と思っていたけれど
2人を取り巻く大人達の台詞に共感

ラスト、平井堅の歌が流れたと同時に
この映画は素晴らしい「ラブストーリー」となって終わった

      僕の初恋をキミに捧げる

   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

  
人気ブログランキングへ
   
   
スポンサーサイト



Comment

編集
映画って、その頃の気持ちを蘇えらせてくれる所が良いですね。
(たとえ、だいぶ前でもね)
どうなるの、どうなるの?って思いながら
観てるオリキューさんは、完全、乙女に戻ってますもん。

これは、映画公開時、テレビでメイキングを見ました。
あの提供者の家族に、真央ちゃんがくださいと、懇願するシーンが、印象的でした。

岡田君、綺麗な青年ですね。
2010年09月27日(Mon) 21:09
dmreikoさん
編集
なんだか、たま~に乙女チックな映画を観たくなるのです~

岡田君と真央ちゃんは20代ですよね~
ちょっとおませ(死語?)でしたね。
真央ちゃんの演技がとてもナチュラルで良かったです☆
2010年09月27日(Mon) 23:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL