FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPま行 ≫ 「ミレニアム」そしてノオミ・ラパス

「ミレニアム」そしてノオミ・ラパス

9月11日公開された「ミレニアム2・3」仲々の評判
この3部作の原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの推理小説

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (2009年スウェーデン・ドイツ・デンマーク)
監督 ニールス・アルデン・オプレヴ
キャスト ノオミ・ラパス マイケル・ニクヴィスト

製作が「スウェーデン・ドイツ・デンマーク」は珍しい
デンマーク 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」2000年 主演ビョーク
ドイツ   「戦場のピアニスト」2002年 主演エイドリアン・ブロディ が有名
残念な事にスウェーデンには私の知っている映画はありませんでした

「ミレニアム」のジャーナリストミカエルは大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受けた
矢先、大企業の元会長ヴァンゲルから、40年前失踪し一族の何者かに殺されたという姪の真相究明を依頼され、ミカエルはヴァンゲル一族の住む孤島で調査を開始したが、思うように進まずにいると、
ある依頼でミカエルのPCをハッカーしていたリスベットが情報を持ってくる
それをきっかけにリスベットの力を借り、究明しいくと…
そして天才ハッカーリスベットの過去には何が?


「ミレニアム」(millennium)
1000年間 千年祭
キリストが再臨して、この世を統治する1000年間
また、「2000年のことをミレニアム」と呼ぶ

この映画の「ミレニアム」は
ミカエルが勤めている出版社の月刊誌を「ミレニアム」という


いったい「ミレニアム」は何を意味しているのでしょう?

ジャンルはミステリー 事件にまつわる殺し、男女の関係がとても残酷で気持ちが悪い
しかしストーリーのテンポが早いので、そんな事こだわらず次へと進める
(ハリウッドの映画とは一味違う)

40年前の黒白の写真がヒントで映画にミステリーな部分を強調している
40年前と現在を交差させ、上手く観ている者をひき付ける

主演のノオミ・ラバスはリスベットを演じる為、鼻にもピアスを開けたそうです
   ミレニアム     ミレニアム                    
                         
                      同じ女性

原作者のスティーグ・ラーソンは2004年に出版社と契約した年に心臓発作により他界
映画化されるとは知らずに亡くなってしまったのですね~)

この映画も153分という長さだが、中だるみなくトントンとラストに向かった
きっと2・3でリスベットの過去が明かされるのですね!!
実は事件解明よりリスベットの過去が凄く気になり、彼女こそが「ミステリー」

参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

人気ブログランキングへ



         JY.gif
      「2・3」はDVDが出るのを待っています!!
             先が長~い
スポンサーサイト



Comment

編集
こんにちわ。
お返事が遅くなりました。
パソコンの接続が悪く、どうしたことか。
この頃特におかしくなってしまい、
はやる気持ちを抑えなくてはならない日が続いて居ります。
素敵なコメント頂けて嬉しくおもいました。
ブログ楽しみに拝見させて頂いて居ります。
スティーグ・ラーソンの不幸はある意味
彼をより有名にしたかも知れませんが、
やはりなんと言っても命あればいかようにも
創作活動ができたであろうにととても残念に思います。
ブリタニー・マーフィーしかりです。
思い出させてくださり、ありがとうございます。
やはり才能のある人たちをすぐ忘れてはいけないということを再び思いました。
またいろいろ教えて頂きたいと思って居ります。
お元気で。
ではまた。
2010年09月25日(Sat) 03:49
編集
ええっ?
同じ女性なのですかー
役者魂&プロ根性ですねー
とても同じ女性には見えません~
2010年09月26日(Sun) 16:03
いちごっ娘さん
編集
私もビックリでした!!
女優根性って凄いですよね。
だって鼻のピアスなんて痛そうでよ~。

スウェーデン映画は初めて観ました☆
2010年09月26日(Sun) 22:32
編集
こちらは涼しく朝夕寒いです。
そちらももう寒くなってきたのではないでしょうか。

お夕食、鶏を焼かれてよかったなぁ。
もうすでに何回も鶏を焼いておいでだと思いますが、
私がお教えするよりもいろいろ教えて頂く事がたくさんありそうなので、
よろしくお願い致します。

ロードレースの世界選手権、NHK、民放で放送があるといいなと思いますが
スカイパーフェクトではあるようです。
ご一緒に応援できるといいなぁと思っております。
いつもありがとうございます。
お元気で。
ではまた。
2010年09月27日(Mon) 06:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL