FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOPわ行 ≫ 映画☆「My Sister's Keeper」

映画☆「My Sister's Keeper」

My Sister's Keeperー私の中のあなた (2009年 米) 監督 ニック・カサヴェテス
キャスト キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン ジェイソン・パトリック

映画「私の中のあなた」オリジナル・サウンドトラック11歳のアナは、白血病の姉のケイトノドナーとして、遺伝子操作で世に生まれた。、アナはこれまで臍帯血、輸血、骨髄移植などで何度も姉の治療のために犠牲となってきた。
母はアナの犠牲を「家族なので当然の事」と思ってきた。
ケイトの病状が悪化し、腎臓移植をしなければ、命がもたないという状況になり
母親はアナの腎臓の1つをケイトに移植する事を希望した。
ある日、「もうケイトのために腎臓をあげるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」とアナは両親を相手に訴訟を起こす。
                      そしてこの訴訟には秘密があった…



とても痛々しいストーリーだった
冒頭に「私は姉を助ける為に生まれてきた」とアナが語る
予告で何となく、ストーリーは読めていたが
まさか!!幼い娘を助ける為に、遺伝子操作をして子供を生んでしまうとは…
ケイトの治療のためなら手段を選ばない母親
もう、それだけで「アナの人生」を心配してしまう

ケイト中心の一家には2人の子供の事が見えなかった
兄のジェシーが失語症になっていた事も気付かず

   私の中のあなた

特に悲しかった事は
治療中に同じ癌の青年テイラーと知り合い、ひと時の甘い時間を過ごす2人
テイラーが「病気にならなかったら、君に会えなかった」という台詞

   私の中のあなた

子供を失いたくない為に、可能性にしがみついている、異常とも思える母親行動 
気持ちはとても解る!!
家族、特に夫はそんな行動に疑問を持っていた

坊主頭を嫌がるケイトのために、母親も坊主頭になる(抗がん剤の副作用)
これって、本当にキャメロンは坊主になったのかしら?カツラ?でも本当の様に見える

スタイル抜群で、ラブ・コメが似合うキャメロンも母親役とは!!
ほとんどノーメイクで気合が入っていて、しっかりとお母さんを演じていた

涙を誘う映画なのですが…今回は私にしては珍しく泣きませんでした
面白くない?いいえ 登場人物の気持ちが見えてしまい、辛かったです
ラストはhappy enndでもはない アナが言っていた「特別な事は起きなかった」

邦題「私の中のあなた」  ちょっと意味が違うのでは?
「My Sister's Keeper」というストーリーです

   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
   にほんブログ村
  人気ブログランキングへ

   
スポンサーサイト



Comment

編集
アナは、そんなにして生まれても、家族への愛情を、持っていたんでしょうか?

母は、アナへの愛情は、全くなかったんでしょうか?
道具としてしか、見てないの?

医療が進化したために起きた、深い映画のようですね。
2010年09月17日(Fri) 12:10
dmreikoさん
編集
アナは家族が好きです。
特に姉のケイトが大好きでした。

母親のアナに対する感情は映画でははっきりとは表現されていませんでした。
子供を守りたい気持ちはすご~くわかりますよね!!
もし「自分だったら」っと考えると難しいです☆
2010年09月17日(Fri) 23:22
編集
映画館で見たけどそうですよね。
2010年09月18日(Sat) 00:34
あかちんさん
編集
そうなんです。
邦画タイトルだと、ストーリーとマッチしませんよね。

映画のタイトルって大切ですよね。
今回私はタイトルで予想していたストーリーと違っていたのでちょっと「?」でした☆
2010年09月18日(Sat) 01:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL