FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOP ≫ CATEGORY ≫ わ行
CATEGORY ≫ わ行
      

「私の心が聞こえる?」

連休中に全30話観終わりました!!
一日5話は体力勝負 疲れました~

「私の心が聞こえる?」2011年 DVD15枚全30話
キャスト キム・ジェウォン ファン・ジョンウム
      ナムグン・ミン コ・ジュニ イ・ギュハン
1

兵役を終えたキム・ジェウォンの5年ぶりのドラマ復帰作

あらすじ
ウリの母親の再婚相手は知的障害のあるヨンギュと母親そして息子のマル
子供の頃に知り合ったウリとドンジュは工場の火事により
ウリ、ドンジュ、マルの運命が大きく変わり…
それから15年の歳月が過ぎ3人はそれぞれの人生を歩んでいた


30話という長~いドラマなので、あらすじはコンパクトにまとめました!!
1話、1話色々な事があり大変なドラマです

ネタバレ1つ
ドンジュは聴覚障害を隠し15年間生活してきた
自分の声さえ聞こえないドンジュは相手の口元を見て言葉を判断し、
人の声が文字に変換する機能付きの携帯電話で会話
(この様な機能があるのは知らなかった!ごめんなさい)
母親、兄以外は誰にも知られず、聞こえるふりをしてきた

こんなに長いドラマなのに中だるみがなかった
そして最後の2話はいつも如く泣いてしまった!!
出演者も皆芸達者ばかり
特にウリの祖母と父親の演技は素晴らしい!!

非現実的な部分の多いストーリーだけど
最後は疲労感&満足感&達成感で観終えた!!

「キラースマイル」のキム・ジェウォンの笑顔が少ないドラマでした


別館「yuruyuru」を再開しました
心機一転、「写真日記」としましたので
訪問して頂ければ嬉しいです こちら


     ポチッとお願いします
       にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

       
スポンサーサイト



アン・ハサウェイ主演「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 

私はJ:COMのオンデマンドは過去2回利用した位
今回は「CM割 ¥105割引」そしてゴールデン・グローブ賞助演女優賞に輝いたアン・ハサウェイ主演に惹かれ視聴してみました
CMは幾つかの中から選びます
私は「ウェン・ヘアケア」を選び、最後にアンケートに答えた
2分位でしょうか もっと長いCMを覚悟していたのでホッとしました

この映画はヨーロッパを中心にベストセラーになっている同名小説を、原作者が脚本を担当し映画化したそうです

「ワン・デイ 23年のラブストーリー」2011年米 監督 ロネ・シェルフィグ
キャスト アン・ハサウェイ ジム・スタージェス パトリシア・クラークソン

あらすじ
1988年7月15日、大学の卒業式。エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は、初めて言葉を交わした。
それから23年間お互いに惹かれ合いながらも友人という関係を保ち別々の人生を歩むが、2人の心の絆は固く結ばれていた。
そして運命の7月15日を迎え2人の人生が1つに結ばれるが…



23年間の中の数年の7月15日の出来事
う~ん
現実にはこんなに偶然はない
「映画の中」のストーリー
だから「許せる」
その時代のファッションやミュージックも楽しめる
主演の2人も徐々に年を取っていく所が自然で良かった

そして最初のシーンは最後につながり
「あっ!!ここにつながるのね!!」
そしてここから一気に胸が「キューン」
出会いからすぐに1年後になり、2人の関係が「友達」になっていた
「何故?」とずーっと疑問に思っていた事だったけれど
「まぁそこは観ている側の想像の部分かな」と妥協して観ていたけれど
良かった~
しっかりこの部分を最後に持って行き「キューン」とさせてくれた

1


観終わり感じた事は
「男女の縁ってタイミングがとても大切だ」と

   ポッチっとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      




映画☆「My Sister's Keeper」

My Sister's Keeperー私の中のあなた (2009年 米) 監督 ニック・カサヴェテス
キャスト キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン ジェイソン・パトリック

映画「私の中のあなた」オリジナル・サウンドトラック11歳のアナは、白血病の姉のケイトノドナーとして、遺伝子操作で世に生まれた。、アナはこれまで臍帯血、輸血、骨髄移植などで何度も姉の治療のために犠牲となってきた。
母はアナの犠牲を「家族なので当然の事」と思ってきた。
ケイトの病状が悪化し、腎臓移植をしなければ、命がもたないという状況になり
母親はアナの腎臓の1つをケイトに移植する事を希望した。
ある日、「もうケイトのために腎臓をあげるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」とアナは両親を相手に訴訟を起こす。
                      そしてこの訴訟には秘密があった…



とても痛々しいストーリーだった
冒頭に「私は姉を助ける為に生まれてきた」とアナが語る
予告で何となく、ストーリーは読めていたが
まさか!!幼い娘を助ける為に、遺伝子操作をして子供を生んでしまうとは…
ケイトの治療のためなら手段を選ばない母親
もう、それだけで「アナの人生」を心配してしまう

ケイト中心の一家には2人の子供の事が見えなかった
兄のジェシーが失語症になっていた事も気付かず

   私の中のあなた

特に悲しかった事は
治療中に同じ癌の青年テイラーと知り合い、ひと時の甘い時間を過ごす2人
テイラーが「病気にならなかったら、君に会えなかった」という台詞

   私の中のあなた

子供を失いたくない為に、可能性にしがみついている、異常とも思える母親行動 
気持ちはとても解る!!
家族、特に夫はそんな行動に疑問を持っていた

坊主頭を嫌がるケイトのために、母親も坊主頭になる(抗がん剤の副作用)
これって、本当にキャメロンは坊主になったのかしら?カツラ?でも本当の様に見える

スタイル抜群で、ラブ・コメが似合うキャメロンも母親役とは!!
ほとんどノーメイクで気合が入っていて、しっかりとお母さんを演じていた

涙を誘う映画なのですが…今回は私にしては珍しく泣きませんでした
面白くない?いいえ 登場人物の気持ちが見えてしまい、辛かったです
ラストはhappy enndでもはない アナが言っていた「特別な事は起きなかった」

邦題「私の中のあなた」  ちょっと意味が違うのでは?
「My Sister's Keeper」というストーリーです

   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
   にほんブログ村
  人気ブログランキングへ