FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOP ≫ CATEGORY ≫ や行
CATEGORY ≫ や行
       次ページ ≫

「夢売るふたり」 松たか子× 阿部サダヲ 

「夢売るふたり」2012年 監督西川美和
キャスト
松たか子 阿部サダヲ 田中麗奈 木村多江 伊勢谷友介 香川照之 笑福亭鶴瓶

この作品は笑福亭鶴瓶主演の「ディア・ドクター」の監督
松たか子阿部サダヲ初共演

あらすじ
東京で小料理屋を営む貫也と妻、里子。
開店5周年の日、店が火事になり二人は一夜にして全てを失ってしまった。
やり直そうと前向きな里子だったが、貫也はすっかりやる気をなくしてしまった
ある日、店の常連客だった玲子と貫也は、一夜を共にしてしまう。
玲子から大金を手渡された貫也だった
里子は夫の浮気に怒りながらも、彼を使って結婚詐欺をすることを思いつく。
孤独な女を見つけ出し、里子が計画を練り、貫也が実行する結婚詐欺を繰り返し、店を再開するための資金を集め始めた
順調に詐欺によりお金を手にするが、徐々に二人の間に溝が生まれ…


この映画で松たか子さんは凄かった
お嬢様のイメージでデビューした彼女が本物の女優になったのでは?
女性の生々しい部分を演じたシーンには驚いた!!
私が自然に受け入れられたのは相手役が阿部サダヲさんだったから
気の弱い、一人では生きていけない様な夫を演じた阿部さんの達者な演技があったからでは?

1
全く想像も出来なかったラスト
これから二人はどうなるのかしら?
「今の自分は幸せ?」っと二人に聞いてみたい終わり方だった

キャスト全員が自分の役をしっかり演じ、二人に絡んでいく
とても満足して観終えた映画でした!!

阿部サダヲ
43歳 本名阿部隆史 芸名は本名が阿部なので「阿部定事件」から付けられた名前

オレンジリキュールが観た阿部サダヲ出演映画
・北の零年 ・ボクとママの黄色い自転車 ・なくもんか
・大奥 ・太平洋の奇跡

    ポチッとお願いします
     にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

     
スポンサーサイト



「八つ墓村」1977年

前回に続き横溝正史シリーズ「八つ墓村」
この映画はなんと言っても
「八つ墓村の祟りじゃー」
フレーズだけでも怖いのに山崎さんの殺人シーンは忘れません

「八つ墓村」1977年 監督野村芳太郎
キャスト 萩原健一 小川真由美  山崎努 山本陽子 市原悦子 中野良子 井川比佐志
     下絛アトム 夏八木勲 田中邦衛 大滝秀治 藤岡琢也 渥美清

この映画は前作より1年後の作品
「村人32人殺し」は、実際に起こった津山事件がモデルだそう
津山事件では自殺した本人を含め31人の死亡者が出た

1

あらすじ
戦国時代、尼子氏の家臣だった8人の落武者たちがある村に逃げ、村人達は真面目に働く8人を徐々に受け入れたが毛利氏の捜索が厳しくなり褒賞に目がくらみ、武者達を皆殺しにしてしまう。
武者大将は死に際に「この村を呪ってやる! 末代までも祟ってやる!」という言葉を残す。
その後、はたたりを恐れた村人たちは武者達の遺体を手厚く葬り村の守り神とした。
これが「八つ墓明神」
いつの頃からか村は「八つ墓村」と呼ばれるようになった。

大正時代村の旧家、田治見家の当主・要蔵(山崎努)が発狂し、村人32人を惨殺するという事件が起こる。
多治見家は、落武者達を皆殺しにした時の首謀者・田治見庄左衛門の子孫であった。

そして20数年後の昭和23年、寺田辰也(萩原健一 )は母(中野良子)一人子一人で暮らしその後母は亡くなり天涯孤独だった。
ある日、彼を捜す新聞の広告欄を見て、諏訪弁護士の仲介で老人と面会するが、二人きりになったとたん、老人は血を吐いて死ぬ…


この映画を観て
「金田一役が渥美清!!」
すっかり忘れていた

このストーリーは全てが尼子一族の血縁関係が起こした殺人事件
知らず知らず尼子の血を引いている子孫が協力して田治見家の人々を殺していった
田治見家は辰也以外皆死んでしまった
「たたりって怖い~」
出来る事なら人を裏切らず、恨まれず生きて行きたいものです

鍾乳洞シーンがありますが、本当の鍾乳洞だそうで、とても薄暗く寒そうで、
でも幻想的な雰囲気でした 
これらのシーンは山崎さんの怖い殺人シーンと共に見所です

この映画では主役は金田一より辰也
金田一の出番は少ないが、最後はやはり解決してくれた

1996年「犬神家の一族」の市川監督と金田一役にトヨエツによるリメイクが公開されました
前作同様観ていません

ショーケンこと萩原健一さん
母いわく私の兄が似ていると…親の欲目???
娘が「エ~ッ!!この人歌手だったの~!!」
と大変な驚き
ついでに「堺マチャアキも歌手だった」と話すと
「エ~ッエ~??なんだか変~」っと
と言う「私だって本当に小さい頃の話よ~」

   ポチっとお願いします
    にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


    

「犬神家の一族」1976年

年に1~2度、無性に過去に観た映画をまた観たくなる衝動にかられます
一昨年は時代劇、昨年は英国映画
そして今年は「横溝正史」の映画

まずは観たのは「犬神家の一族」1976年 監督市川崑
キャスト石坂浩二 高峰三枝子 島田陽子 あおい輝彦 草笛光子 地井武男 三國連太郎
    坂口良子 寺田稔 三木のり平 岸田今日子 横溝正史(特別出演)大滝秀治

犬神家の一族 [DVD]



10年以上前に観た映画なので覚えている事は
犬神家の遺産による連続殺人事件
長男佐清が戦争から帰り、顔の火傷により白いマスクをしていた
金田一には石坂浩二
佐清がおおい輝彦 位だった

色々な俳優が金田一役をやられたが
「やっぱり金田一は石坂さんが落ち着くわ~」
あおい輝彦は「明日のジョー」の声優
やはり良い声
最初の驚きは
犬神家に孫3人兄弟がいるのですが、次男役が…
「地井散歩」で有名で昨年亡くなった地井武男さんでした
ちょっと女好きな役なんですが、一番最初に殺されてしまいました
当時はあまり地井さんの事は知らなかったので、今回は驚きましたね~

そしてあらすじで
犬神佐兵衛は神社で野々宮に拾われ育てられ事業に成功し莫大な遺産を残した。
佐兵衛は生涯に渡って正妻を持たず、母親の違う娘が3人いて
娘達の子供3人の内の一人と野々宮の孫娘が結婚したら財産を相続出来る。
という事はなんとなく覚えていたが
野々村と佐兵衛が男色の関係で、なんと可愛がっていた野々宮の孫娘が
野々宮の妻と佐兵衛の子供の子供
本当の佐兵衛の孫だったという事
こんな大切な事をすっかり忘れていたなんて!!
なんといってもここがストーリーのポイントだったのに~

2006年に同じ監督、そして石坂浩二の金田一でリメイクされていますが

1

わたしは観ていません
どんな「犬神家」の人々なんでしょう

   ポチっとおねがいします
    にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

    

「山桜」 原作藤沢周平

WOWOWで2日に放映された映画
山桜」(2008年)監督 篠原哲雄
キャスト 田中麗奈 東山紀之 篠田三郎 檀ふみ 富司純子 永島暎子 村井国夫

あらすじ
江戸後期、下級武士の娘・野江は前の夫に病気で先立たれ磯村家へ2度目に嫁いだが、結婚生活は不幸だった。
そんなある日、叔母の墓参りの帰り道、山桜を見つけるが、花に手が届かずにいると手塚が現れ枝を折り渡してくれ「お幸せでござろうな」と野江の身を案じてくれていた。
手塚は磯村家に嫁ぐ前に野江との縁談話があったが、野江は剣術の名手である手塚を恐れ断ったのだ。
野江は初めて本人に会い、優しい人柄に心が動いた。
しかし手塚は正義感から農民を苦します悪政をたくらむ藩の重臣を斬ってしまい、牢に入れられてしまった…


私の大好きな「武士の一分」「花のあと」の藤沢周平の短編「山桜」の映画
まだ未読ですが、たった20ページ位のストーリーからこの映画が作られたそうです

   山桜

藤沢さんの映画化された過去の作品の中でこの映画が1番好き
「どこが?」

時代劇初主演の田中麗奈さんは演技はとても上手だが、
ちょっと現代的な顔の作りなので日本髪がちょっと残念
凛々しい顔で、剣を持つ姿が決まっている東山紀之さんは殆ど台詞がない

でも…でも映画全体の雰囲気がとても落ち着いた、静かな流れ  
決して熱い想いではないけれど、2人の確かな強い愛
優しく包み込む様な家族の愛
良いです 「これぞ邦画!!」っと感じられる映画

終盤手塚の母志津がこの映画の全て
志津によって気持ちが救われた野江
志津によって長年の想いが実った手塚

        志津に「山桜」を感じた

   山桜


               東京の春模様 4/2
       花
                         by夫

       花
                         by娘


          201103200159095c1.jpg

              にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

映画☆「約三十の嘘」

約三十の嘘 (2004年 日) 監督大谷健太郎
      キャスト 椎名桔平 中谷美紀 妻夫木聡 田辺誠一 八嶋智人 伴杏里

あらすじ
3年振りにメンバーが集まり北海道に向かった。
目的は傷物の羽根布団を売る事
このメンバーは詐欺チームだった。
3年前このチームで詐欺したお金を持ち逃げされた。
当時リーダーだった志方(椎名桔平)はやる気のない生活を送っていた。
そしてメンバーの1人久津内(田辺誠一)が集合をかけ、メンバーだった佐々木(妻夫木聡)、宝田(中谷美紀)、宝田が連れて来た横山(八嶋智人)そして途中で3年前に金を持ち逃げした今井(伴杏里)が加わり北海道での仕事は成功を収め、7千万円儲けトランクに入れ、偽鍵4つと本鍵1つを混ぜ、それぞれが1つ持ち、トランクは横山が管理する事になるが、次の朝トランクが消えてしまい…
詐欺師を騙す詐欺師とは…


             約三十の嘘

             豪華なキャストで期待一杯で観たけれど…

             列車の中だけで繰り広げる人間模様
             もしや「オリエント急行殺人事件」の様な??

     約三十の嘘   約三十の嘘

          残念!!結局はこの2人の「愛」のお話しで終わった
     約三十の嘘   約三十の嘘

           7千万円の入ったバックと共にメンバーの今井が消えてしまったけれど
            またのリーダーが志方となりチーム復活!!
             約三十の嘘

タイトルの「約三十の嘘」とは
志方が「「一つの嘘を隠すためには、三十の嘘を用意しなければならない」と言っていました
「嘘を付いたら、その嘘の為に沢山嘘を付かなければいけない」っと言う事


           JY.gif  
               明るい話題
       北島康介の金メダル ゴルフの藍ちゃん5度目優勝
               おめでとう!!


   参加しています
   ポチッとお願いします
   にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
   人気ブログランキングへ