FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOP ≫ CATEGORY ≫ ま行
CATEGORY ≫ ま行
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「マン・オブ・スティール」観てきました!!

「マン・オブ・スティール」2013年米 監督ザック・スナイダー
キャスト エイミー・アダムス マイケル・シャノン ケビン・コスナー
     ダイアン・レイン ラッセル・クロウ

台風で大荒れの今日、オレンジリキュールと夫そして娘は観てきました!!
台風は私達が鑑賞中に去った様で、帰りは雨も風も止んでいました
が…なんと・なんと 
1

鑑賞中ラスト1時間前位、ストーリーも架橋に入る寸前
スクリーンが真っ暗 ただただ音声だけが流れ…
待つ事5分くらい
係員から「ただいま風の影響で投影装置が故障しまして 巻き戻しています」

さあ復活!!っと思ったら同じ場面でまたスクリーンが真っ暗
またまた復活した!!
っと思ったら同じシーンで真っ暗
係員が「もう一度巻き戻しますが、途中でお帰りの方は料金は全額返金します
お帰りの際は無料鑑賞券をお渡しします」

私達観客は同じシーンを3回も強制的に観る羽目になりました!!

観客は3回目は呆れて言葉も出ていませんでした

ただでさえ上映時間143分という長い映画なのに、結局160分位長い映画鑑賞となってしまいました

でも考え様で、映画館でこんな体験は出来ない事なので
「貴重な体験」だったかも


レビュー
戦闘シーンがせっかく良かったから、
   全体的に盛り込みすぎて、もうちょっと引き算をした方が、作品に魅力があったのに
   ちょっと勿体ないかな~(なに様?)
   色々な映画の美味しい所を取ってるな~
  
=ニューヨーク壊し放題の映画でした

=以前の「スーパーマン」はコメディが織り込まれ気軽に観れたが、
   今回は全てが真面目に作られていた
   カル=エルはラッセル・クロウの子供でケビン・コスナーに育てられたから強いのね~

2


    ポチッとお願いします
      にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

      
  
スポンサーサイト

「モンスターズ/地球外生命体」

モンスターズ/地球外生命体」2010年 英 監督 ギャレス・エドワーズ
キャスト ホイットニー・エイブル スクート・マクネイリー

2010年カンヌ国際映画祭で上映され世界中で話題となり、タランティーノ、ピーター・ジャクソン、リドリー・スコットらが絶賛したという作品

あらすじ
NASAは太陽系に地球外生命体の存在を確認し、探査機でサンプルを採取するが,大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。
その直後出現した地球外生命体が増殖したため、メキシコの半分を危険地帯として隔離する。
6年後、カメラマンのコールダー(スクート・マクネイリー)は、モンスターたちの襲撃で被害を受けているメキシコでスクープを狙っていた。
上司から怪我をした社長令嬢のサム(ホイットニー・エイブル)を、アメリカの国境まで送り届けるよう命令される。
2日後にアメリカ軍が国境を閉鎖してしまうので、コールダーとサムはモンスターたちから避けながら海岸に向かう。
しかし、パスポートとチケットを盗まれ最後の手段で、危険区域を通る陸路を進むことに…


総製作費は約130万円という低予算、そして少人数で作ったパニック映画だったので
ちょっと期待せずに、軽い気持ちで鑑賞

しかし、映画館の中では皆真剣に観ていた

モンスターが「子供だましの様かも…」と不安だったが、
モンスターの登場は画面が暗く、なんとも不気味な気配を感じる
後ろから迫るモンスターの存在が心理的に観ているこちらに恐怖を与える

タコの様な触手が人間を襲っている所はいただけないが
なんだか「怖い!!」

モンスターズ

「僕はシングルだ」と軽い口をたたくコールダーだったが
実は別れた妻と息子がいて、「シングルだ」と自分に言い聞かせていた
「婚約者がいて、帰ったら結婚する」と言っていたサムは
その結婚に疑問をもっていたが、「私は婚約者がいる」と自分に言い聞かせていた
モンスターが近づくと共に主人公達の気持ちも近づいていった

モンスターズ

前半のメキシコでの逃避の旅はちょっと中だるみな感じ
後半の国境にたどり着いた時のシーンから、目が離せなかった

モンスターズ

この映画は出演者のアドリブと現地で調達した人々で作り上げたらしい
低予算とはいえ、CGも見ごたえがあった
そこが絶賛されている魅力の1つなのでしょう

監督は次のハリウッド版『ゴジラ』の監督に大抜擢!!

所で「何故130万円という低予算なのかしら?」


                  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         


「マイティ・ソー」

「マイティ・ソー」2011年 米 監督: ケネス・ブラナー
キャスト クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス 浅野忠信

ケネス・ブラナーファンの私達親子は観て来ました!!

アメリカン・コミックス「マイティ・ソー」の映画

あらすじ

神の世界アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の2人の息子ソー(クリス・ヘムズワース)とロキ(トム・ヒドルストン)
ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に力を誇り、あまりの傲慢さから、王である父からムジョルニアを奪われ、地球へ追放される。
地球の荒野で目覚めたソーは、天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)たちの車に追突される。
ソーは慣れない人間生活を送るが、ジェーンとの出会いによって人間を学び、いつしか2人は惹かれていった。
神の世界では、弟のロキがアスガルド征服を企てていた。
ソーの護衛であり友であるホーガン(浅野忠信)、ヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)の三銃士は、危機をソーに伝えるため地球へやってくる。しかしロキは、破壊者デストロイヤーというマシンを地球に向けた。
危機は地球人とジェーンに迫っていた。
ソーは力を取り戻し、ジェーンに「再び戻る」と約束し神の世界アスガルドを救う為帰って行った…


この映画は3Dだが、2Dのみの上映だった

「アメ・コミ」はちょっと理解しがたい所が、多々あるのであまり期待していなかった
所がさすがシェイクスピア俳優の監督ケネス・ブラナー
ハムレットの「父親との確執」や「苦悩」をしっかり織り込ませ
単純なヒーローもの作品では終らせなかった

マイティ・ソー

途中のソーとジェーンの恋の話しはちょっと中だるみだったが
後半は何も考えず無心に映画が観れた
その位、分かりやすいストーリー

相変わらずの存在感のアンソニー・ホプキンス
マイティ・ソー

久しぶりに見たナタリー・ポートマンのGパン姿 可愛い
マイティ・ソー

そしてソー役のクリス・ヘムズワースは若き日のブラッド・ピットに似ていた
マイティ・ソー


所々3Dで観たら圧巻だろうな~っというシーンがあり、とても残念
もう一つの残念は当時浅野忠信さんのハリウッド映画出演が話題になったが
台詞が思いのほか少なかった
でも、一生懸命戦っていたので

エンドロールのあと、続編を思わせる特典映像があり

とても続編が楽しみ
         「観に行きます!!」

                にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

「マイ・ブラザー」トビー×ナタリー×ジェイク

「マイ・ブラザー」2009年米 監督ジム・シェリダン
キャスト トビー・マグワイア ジェイク・ジレンホール ナタリー・ポートマン
     サム・シェパード クリフトン・コリンズ・Jr
「ある愛の風景」のリメイク

あらすじ
海兵隊のサム(トビー・マグワイア)は アフガニスタン戦線へ行った。
妻グレース(ナタリー・ポートマン)と銀行強盗で服役し出所したサムの弟トミー(ジェイク・ギレンホール)の元にサムの訃報が届く。
トミーはサムの家族を支える事で自分を更生していった。
そんなある日、サムが帰還した。が別人の様に変貌したサムにグレースとトミーは戸惑った。
何があったのかも言わず、黙って暮らしていたサムだったが、2人の関係を誤解し、ピストルを取り出した…


この映画のキャストが凄い!!
その上、皆の演技が素晴らしい!!
当然ではあるが、無駄のない登場人物、台詞
特にサム一家の迫真の演技には目を離せない

トビー・ジェイク・ナタリー
3人は若手の中では私の好きな俳優・女優
しかしこの3人がこんなに演技が上手いとはちょっと驚いた

ストーリーは重いけれど、とても満足な映画だった

私のイメージではトビーが「弟」、ジェイクが「兄」
マイ・ブラザー

なんと!!トビーはもう35歳になっていました~(童顔すぎ!!)
マイ・ブラザー

ジェイクは30歳、ナタリーは29歳(もう生まれたかしら?)なんです~
マイ・ブラザー

マイ・ブラザー
「他人の子供は成長が早い」というけれど本当に!いつの間にかすっかり大人(^m^)
監督ジム・シェリダンは私の大ファンのダニエル・デイ=ルイス主演「ボクサー」の監督
「ボクサー」はIRAのストーリーなので、分かりづらいけれどお勧めの1本

                にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         

201103200159095c1.jpg

「マイマイ新子と千年の魔法」

「マイマイ新子と千年の魔法」2009年 監督 片渕須直
あらすじ
昭和30年代、小学3年生の新子はおじいちゃんからいつも聞いている千年前のこの町や住んでいる人々の事を想像し、一人で楽しんでいた。
ある日東京から喜伊子が転校してきた。
田舎の生活に馴染めない喜伊子だったが新子と知り合い、新子の想像の世界を一緒に楽しむようになり
友達も増えていった。


このアニメを紹介している番組を見て、とても興味を持った
上映後1年以上経った今でも根強いファンがいる映画だそうで
「あ~観たい」っと思って一ヶ月以上  ようやく観れました
とにかく自然の美しさと懐かしさ一杯の映像
子供より大人がとても癒される静かな時間
「長く人気があるアニメ」だと納得

芥川賞作家・高樹のぶ子の山口県防府市を舞台にした自伝的小説を映画

豊かの自然と人々に囲まれて育った新子
おじいちゃんから聞いている千年前の防府市の生活  
そこに住む新子の想像の世界のナギコと平行しながらストーリーは進む

  マイマイ新子  マイマイ新子

子供の世界の毎日、特に大事件もなく過ぎていく が…
後半からちょっぴり変化が起こる

   マイマイ新子

大人の事情が新子達を成長させた
優しい大好きなひづる先生の結婚 
年上の友達タツヨシの父親の不倫と自殺

そしてちょっと成長して現実を受け入れられる様になった新子達
おじいちゃんの死
金魚のひづるの死
タツヨシの引越し
新子の引越し


千年の世界のナギコもずーっと捜し求めていたものを見つけた
そして千年から届く魔法

最後まで明かされなかった事
ナギコは「新子?」「喜伊子?」
それは観ている人によって違うのかも
私は「新子」だったな~

   マイマイ新子

30年代の冷蔵庫が登場したのですが
氷を入れて冷やす冷蔵庫は知っていますが(見た事はないです)
「ガスで冷やす冷蔵庫」  知らなかった
喜伊子の家にあり、新子も驚いていましたね~

  マイマイ新子


                          にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


201103200159095c1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。