FC2ブログ

「画」モードなんです

このブログは私の映画史
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画
CATEGORY ≫ 映画
       次ページ ≫

「SOMEWHERE」ソフィア・コッポラ監督作品

SOMEWHERE」2010年 米 監督ソフィア・コッポラ
キャスト
スティーヴン・ドーフ エル・ファニング

第67回ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞を受賞

第26回東京国際映画祭出席のため来日したソフィア・コッポラ監督
「SOMEWHERE」(2010)のプロモーション以来、約2年11カ月ぶりの来日

エル・ファニングは「アイ・アム・サム」出演のダコタ・ファニングの妹

実はこの作品は2度目の鑑賞
1度目は半年前位かな~
あまり印象なく観終えましたが
2度目となると、色々観えて来ますね~
1
フェラーリをブンブン飛ばしているシーンから始まる
「この人、きっとストレスが溜まっているのね~」
運転手が降りてきて
「なんだか無気力な感じ」

そんな感じからスタートする映画

お酒・女・パーティー
そして何故か寝る前に部屋にポールダンスをする女性を呼び楽しく鑑賞
これだけでは「いったい何者?」職業が不明

可笑しかったのは、ポスター取りで女性の身長が少々高く
ジョニーが身長を高くする為の台に乗っていた事
「やっぱり、背のバランスの為にその様な小細工ってするのね
背の低い俳優のポスターを見ると、怪しいっと思っていたから」

ある日、目覚めると可愛い女の子
離婚した妻との娘クレオだった
そこで彼の職業が分かった 「俳優!!」

ある日元妻の事情で2週間娘を預かる事に
仕事で娘同伴でイタリアへ
娘に対して接し方が不自然だったジョニーだったが
徐々に父親らしい優しい表情へと変わっていく
スティーヴン・ドーフがその心の変化を上手く演じていた

本当に静かな映画で台詞も少ない
複雑な家庭の事情の中で育った11歳のクレオには感情を表す言葉がなかった
2
そんな彼女でも2度自分の感情を表した
それは父親との距離が近づき、心を開いたのでしょう

楽しく過ごした日々も終わり、元の生活に戻るジョニー

愛車を降りて、彼は自分の足で何かに向かって歩き始めた…SOMEWHERE

SOMEWHERE=どこかで・どこかへ・どこかに

    ポチッとお願いします
     にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

     



スポンサーサイト



「うさぎ島日和」

300羽以上のうさぎさん主演の「うさぎ島日和」を娘と観ました!!

うさぎ島日和」2011年
2

瀬戸内海にある大久野島別名「うさぎ島」
周囲4.3kmの小さな島に約300羽もの野生ウサギが生息している
可愛いうさぎさんの「春」の生活を映している
54分、台詞がなくただうさぎさんの生活音、風の音そしてバックBGMのみ
この映画は言葉を発しないうさぎさんが出す音を見逃さない
映画と言えば台詞やCGによる映像に慣れているので
このような映画は観ていて、ちょっと不思議な感じがした

寄り添って、重なって寝ている子うさぎや芝生に体を伸ばしてくつろいでいるうさぎ
桜の花びらを食べているうさぎ
声の代わりに鼻をピクピク動かしてお話ししているうさぎ
野生なので、耳や足に怪我をしていながらも逞しく生きているうさぎに
私達親子は「ウルウル」
          「頑張れウサギさん達~!!」

   我が家のお嬢「ミミ」は優雅なものです
1
      ビート板でバタ足??

      ポチっとお願いします
        にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

        

再開します

お久しぶりです~
何だかんだで1年間留守にしていました

またまた楽しいブログ生活の再開
以前よりペースはダウンしますが、私の映画の記録なので1作1作大切に書いていきます

早速復帰第一弾
昨日観に行った「るろうに剣心」をアップします

JY.gif

    にほんブログ村 映画ブログへ

「シェルター」出演~ジョナサン・リース・マイヤー

「シェルター」に出演しているジョナサン・リース・マイヤー
国籍はアイルランド 32歳
主な作品は「マイケル・コリンズ」「ベッカムに恋して」「パリより愛をこめて」

ジョナサン・リース・マイヤー

私が気に入っている作品は
「ベルベット・ゴールドマイン」1998年

70年代のロンドンでカリスマ的人気のグラムロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイド(ジョナサン・リース・マイヤーズ)が74年に暗殺される。
しかしそれは自ら仕組んだ偽装殺人だったことが発覚し、スターの座を引きずり下ろされ、その後は行方不明になっていた。
1984年、ニューヨークのヘラルド紙の記者アーサー(クリスチャン・べール)は追跡調査を依頼される。
アーサー自身10代の頃はブライアンの崇拝者だった。
60年代当時、ロック歌手としてクラブで歌っていたブライアンはアメリカから来たヴォーカリスト、カート・ワイルド(ユアン・マグレガー)のステージを観て影響され、バンドを組みカリスマとなった。
そんなブライアンが偽装殺人を実行した理由・そして今ブライアンは何処に…


なんとまぁ!!
現在のジョナサンには想像が出来ない位、中世的な美しさ

ジョナサン・リース・マイヤー

当時私は「厚い唇の青年は誰?」っと検索した覚えがある
そして隣にいるやはり美しい男性 
     この人はなんと!!
「スター・ウォーズ」の「オビ=ワン・ケノービ」のユアン・マクレガー 当時27歳

「グラムロック」という言葉は今は聞くことがないが、
私は「デヴィッド・ボウイ」を思い浮かべる


古い映画だけれど、この時代の音楽に興味がある人には楽しい作品
私には、この映画で2人の存在を知ったという貴重な1本

私はジェフ・ベックが大好きです


        にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
         


第83回アカデミー賞授賞式

今朝9:30から放映した授賞式
まずはレッドカーペットの模様
豪華絢爛!!
今年は「赤」が流行ということで、女優さんの「赤いドレス」が目立っていた

            主な受賞

助演女優賞     「ザ・ファイター」メリッサ・レオ
助演男優賞     「ザ・ファイター」クリスチャン・ベール
メイクアップ賞   「ウルフマン」
衣装・デザイン賞  「アリス・イン・ワンダーランド」
長編アニメ      「トイ・ストーリー3」
編集賞        「ベンジャミン・バトン」   

監督賞        「英国王のスピーチ」トム・フーパー
主演女優賞     「ブラック・スワン」ナタリー・ポートマン 
主演男優賞     「英国王のスピーチ」コリン・ファース 
作品賞        「英国王のスピーチ」 

            評判通りの受賞 「ソーシャル・ネットワーク」は残念!!

あの「レオン」の可愛い13歳だったナタリー・ポートマンはなんと29歳、夏にはママになります
        アカデミー賞

私の大好きな「偏見と高慢」「ブリジット・ジョーンズの日記」の「ダーシー」役のコリン・ファースは仲々ヒットに恵まれず、苦労した人の1人です
        アカデミー賞

          にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ